最新情報塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 最新情報

イエガードの最新情報

【塗装のマメ知識】12月号 『ハイブリッド無機塗料「MUGAってなに?」』などについて|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

【12月4日(金)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m   屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。 また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、   2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「ハイブリッド無機塗料」について 簡単にご紹介いたします!   「ハイブリッド無機塗料」がどんな塗料なのか簡単に知るだけでも、 チラシや見積もり書の見方が変わってきます。   今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!   ハイブリット無機塗料とは?   セラミックやケイ素などの無機物を主成分にしており、 寿命の長く他の塗料と比較しましても高い耐候性を誇る塗料です。 無機物は紫外線などにさらされても劣化が起こりにくい性質があり、 この性質を塗料に取り入れることで、15年以上の耐候性があります。   アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などの樹脂が有機塗料にあたり、 塗膜の基本性能は樹脂によって大きく左右されてしまいます。 色褪せやチョーキング(外壁を触ると色素が手に付着する現象)などの 塗膜の劣化現象は、この有機物が原因となり発生するのです。   一方、無機塗料は、鉱物など自然物(炭素を含まないもの)を 主成分とした樹脂を使用していますので、 高い耐候性と低汚染性を兼ね備えています。   例えば、紫外線に強く劣化しにくい耐候性の高い塗膜を形成することが可能です。   実は、無機物100%使用して塗料を作ることができれば塗装後、 数十年間、塗り替えなしで行くことができます。   ですが、無機物のみの塗料では固すぎて塗料としては使用することができないので、 無機物の耐久性を活かした状態で有機物を混合させて作った塗料、 それが、「ハイブリット無機塗料」になります。   無機物がどれくらいの量含まれていたら無機塗料というのかという定義は特にありません。 そのため、少しでも無機物が含まれていればハイブリット無機塗料と 呼ばれていることがありますので、十分注意してください。   ハイブリット無機塗料の特徴   イエガードで、イチオシのハイブリット無機塗料は、 「MUGA(ムガ)」 という塗料です。 MUGAの特徴は、以下の通りです。   ①期待耐久年数15~18年  劣化しにくい無機物に、有機物を合わせることで、塗膜が通常の無機よりも伸び縮みするので、 割れやすいシーリング上部にも施工可能になっています。 このMUGAは無機の耐久性を生かしたまま、塗膜のひび割れを抑えることができ、 無機塗料と相性が悪かった外壁への塗装が可能です。   ②超耐候性 紫外線や雨水、気温変化等による塗膜の変色や劣化が起こりにくいため、 建物を長期間保護できます。   ③超低汚染性 外壁に付着した汚染物質を雨水が流し落とす性質があるので、建物が汚れにくくなります。   ④防藻・防カビ性 美観や健康を損なう可能性のある藻やカビの発生をシャットアウト   ⑤取り扱えるお店が少ない 大崎市ではイエガードだけが取り扱っております!   塗料のライフサイクルコスト   塗装工事は費用はもちろん大事ですが、次に塗装するときの費用も大事です。 塗料ごとに期待耐久年数や費用が違うので、 ぜひ、今後の塗り替えコストも考えながら選んでいきましょう!   下の表は、塗料別に20年間でどれだけ費用が掛かるのかをまとめたものです。 コストはあくまでも目安なので、工事をお願いする際には必ず費用を確認しましょう!   塗料別の20年間の 塗り替えサイクル 1回の塗り替えコスト (目安) 20年間の 塗り替えコスト ハイブリッド無機塗料 期待耐久年数:約18年 1回 100万円 100万円 フッ素樹脂塗料 期待耐久年数:約15年 1.5回 90万円 135万円 シリコン樹脂塗料 期待耐久年数:約10年 2回 70万円 140万円 ウレタン樹脂塗料 期待耐久年数:約7年 3回 50万円 150万円   5~6年前までは外壁塗料の主流はシリコンでしたが、 ここ最近は圧倒的にハイブリッド無機&高耐久フッ素が選ばれています。   そして、上の表を見てもわかる通り、 塗料の耐久年数が倍になっても、 その分コストが倍になるわけではありません!!   また、塗装工事の塗料は建物の状況によっても、使用すべきものが変わってきます。   例えば、築20年程の建物に、期待耐久年数20~30年の塗料で塗装しても問題はありません。 しかし、築40年程の建物に、期待耐久年数20~30年の塗料で塗装するのはオススメしません。   なぜなら、築年数が経過している建物程、屋根や外壁の素材そのものの劣化が 進行している可能性があり、仮に塗装したとしても、 塗料本来の耐久年数より前に塗膜が剥がれてしまうことがあるからです。   塗装工事は費用も大事ですが、建物の築年数と屋根や外壁の状況、 今後の生活も考慮して工事をお願いするようにしましょう!   MUGAについての詳細は下記のURLからご覧になれます。 https://www.muga-paint.com/   最後に   ここまでブログをご覧いただき誠にありがとうございます。 ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。 2020年12月04日 更新

【塗装のマメ知識】11月号 「サイディングボードの特徴」などについて|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

【11月2日(月)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m   屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「サイディングボードの特徴」について 簡単にご紹介いたします!   外壁材には様々な種類がありますが、その中でも近年、主流になってきているのが 「サイディングボード」といわれる外壁材です。 さらに、サイディングボードにも様々な材質、メンテナンス方法等があります。 ですので、これから外壁の塗装や張り替えをご検討中の方は、 今のうちに少しだけでも知っておくと、 見積書などの見方も変わってくるかもしれません!   今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!   サイディングボードとは 日本の住宅で最もよく用いられている外壁材がサイディングと言われており、 現在は外壁の主流はモルタルからサイディングへと変化しています。   メンテナンスの目安は10年前後とされており、 板状に成形され、壁の大きさに合わせてカットし貼りつける、という方法で 外壁が作り上げられていきます。 軽量で耐久性も高く、工事価格が安いため、日本の住宅で最も普及している外壁材と なっています。 また、外壁の繋ぎ目やサッシ周りにはコーキングを打ち込み、 雨水などが侵入しない工夫がされています。   サイディングは大きく分けて窯業系・金属系・木質系・樹脂系の4つに分類できますが、 今回は代表的なサイディングボードである、 「窯業系サイディングボード」と「金属系サイディングボード」についてご紹介します!   窯業系サイディングと金属系サイディング、それぞれ機能性やデザイン性、メンテナンス方法も 異なるので、ぜひ確認しましょう!   窯業系サイディング セメント質と繊維質を主な原料とした外壁材の1種で、 現在、日本の住宅に使用される外壁材の約7割が窯業系サイディングと言われており、 最も主流となっている外壁材です。   【メリット】 ・デザインが豊富で、レンガ調やタイル調といった色柄も選べる。 ・コスト、機能性、施工性が高い   【デメリット】 ・コーキングのメンテナンスが定期的に必要 ・吸水性が高い   【主な劣化症状】 ・コーキングの切れ、表面のひび割れ ・チョーキング ・色あせ ・塗膜のはがれ、膨れ ・カビ、藻の発生 ・ボードの反り ・ひび割れ   窯業系サイディングはコストと耐久性のバランスが良く、 デザインが豊富にあるのが人気の理由です。   ただし、水分を含みやすいため、反りやひび割れが起きやすいです。 反りが生じてしまうと、固定するために使った釘やビスに負担がかかり、ひび割れを 生じさせることがあります。 特に壁の繋ぎ目やサッシ周りは劣化しやすく、放置してしまうと、外壁が見る見るうちに 劣化していきますので、できるだけ早い段階での対処が必要です。   窯業系サイディングは約7~8年を目安に、 サイディングボードの反りやコーキング部分のひび割れが発生していないか チェックしてみましょう!   金属系サイディング サイディングの中では窯業系サイディングの次に選ばれています。 重量が窯業系サイディングの約1/4なので、建物への負担が少なく、耐震性に 優れています。 窯業系サイディングと比較するとデザインは限られていますが、金属ならではの スタイリッシュなデザインが人気です。   【メリット】 ・重量が軽く建物への負担が少ない ・耐震性が高い ・ひび割れ、凍害などに強い   【デメリット】 ・サビが発生しやすい ・へこみ、傷がつきやすい ・塩害、酸性雨に弱い   【主な劣化症状】 ・コーキングの切れ、表面のひび割れ ・サビの発生 ・チョーキング ・色あせ ・塗膜の膨れ、はがれ ・カビ、藻の発生   金属系サイディングは、ガルバリウムやアルミ、ステンレスといった板が 使われているもののことです。 金属を使用していることから経年劣化しにくく、 メンテナンスの頻度が少なくて済むのが特徴です。 他の外壁材と比べても重量が軽いため、建物への負担が少なく、耐震性が優れています。 また、吸水性がないため浸水することもなく、耐候性もあるため 雪の降るような寒い地域でも使用できます。   金属系サイディングは約10~15年を目安に、 サビや汚れの付着や傷、へこみがないかチェックしてみましょう!   最後に   いかがでしょうか? 今回はサイディングボードの特徴についてお話をさせていただきました。   塗装というものは正直、塗ってしまえばわからない、と言われています。 しっかりと細部まで塗装したのか、素材に合った塗料を使っているのかは、 塗った時点で判別するのは、業者の方でもない限り非常に難しいです。 だからこそ、お客様自身で見積書などをしっかりと確認して頂き、 信頼できる会社を選んで下さい。 その信頼できる会社の中に、私たち屋根・外壁塗装専門店イエガードを 選んで頂けると幸いです。 また前回のブログでもお伝えしましたが、 屋根・外壁への塗装は 劣化を遅らせることはできますが、 完全に防ぐことはできません。 なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は 定期的にメンテナンスを行うことを 心がけましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【11月21日(土)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。 屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「足場設置の必要性」についてご紹介いたします! 我々イエガードでは、塗装工事を行う際には、必ず足場を設置します。 お客様からすると、外からの光や風が差し込みにくくなり、外観もあまりよくありませんので、 どちらかと言えば無い方が良い、と思われるかと思います。 また、費用も決して安くはありませんし、足場を一日でも早く解体してほしいから工事を 早く終わらせてほしい!という場合も少なくありません。 ですが、邪魔に思う足場も作業をする上では、 なくてはならない、非常に重要な役割を持っています。 そこで、今回は「足場設置の必要性」を4つの項目にまとめさせていただきました! 今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!      足場設置の必要性 1.職人の安全確保 足場の設置は、塗装工事を施す職人さんの安全確保のためには必要不可欠です。 工事の種類に係わらず、安全面は一番に考える必要があります。 万が一、塗装工事中に高所から職人が落下し負傷者が出た場合は、 工事は中断しなければなりません。 足場を設置することで、高所作業でのリスクを減らし、安全に塗装工事を施工することができ、 それ自体が事故防止のための最低限の保証になります。 しっかりとした塗装工事をすることは当然ですが、 現場で働く職人さんの安全は必ず確保する必要があります。 厚生労働省が出している、『業種別労働災害発生状況』*¹によると、 平成31年~令和元年までに発生した建設業における墜落・転落の事故では、 110人の方が亡くなっています。 つまり、一か月に約8~9人の方々が、墜落・転落によって亡くなっていることになります。 それらすべてが、足場に関わる事ではありませんが、 足場を設置しなかったことによる事故は少なからず起こっています。 仕事を最後まで丁寧にやりきるには、職人さんも含めて、 周辺の方々に対する安全面を考慮することが、とても重要だと言えるでしょう。 ・*¹厚生労働省 労働災害発生状況   2.品質管理 塗装工事の品質管理をする上でも、非常に重要になってきます。 技術的なことをいえば、足場をかけず、はしご等を使い、塗装工事を行うことはできます。 しかし、はしご等での作業は、届かない箇所や塗りにくい箇所が必ず出てきます。 足場があれば難なく濡れる箇所も、はしご等で行うと作業範囲が限られてしまいます。 足場があれば丁寧に仕上げられる箇所も、塗りにくい・手が届かないという理由で、 適当に仕上げられてしまいます。 また、はしご等で行う塗装は非常に手間がかかります。 どう頑張っても塗ることができなければ、 二回塗りで終わらせてしまったり、高圧洗浄なども十分にされなかったりするなど、 ただでさえ手抜き工事が多い塗装業界においては、 充分な塗装工事がされないリスクが非常に高くなります。 加えて、工事完成後の点検等も、離れた場所からの目視確認だけで終わってしまうので、 見落としが増えてしまいます。 しっかりとした塗装を行うには、足場の設置は欠かすことができない重要な工程の一つです。   3.作業効率の向上 足場の設置は、作業効率の向上に大きく係わってきます。 作業効率の低下は工期の延長にも繋がり、お客様はもちろん、 塗装業者にも負担が大きいものになってしまいます。 例として、足場を設置せず、はしごで塗装工事を行った場合のリスクをご紹介します。 まず初めに、塗装を始める箇所にはしごを設置し一番上まで上がっていきます。 この際、片手には塗料の缶や道具を持っていくので、 片手ではしごを上っていくことになります。 はしごを登り切った後、屋根の上で塗装を始めます。 足場を設置していないため、屋根の周りには身体を支えるものはありませんし、 支えるものを設置することもできません。 足元が不安定な中、塗装を行う際には、 片手に缶、もう片手にはローラーやハケなどの道具を持つので、 支えが全く無い手放し状態のまま、塗装を行います。 最初に塗る箇所が終われば、片手に缶や道具を持ったまま、 再び片手で地上まで降ります。 そして、はしごを掛け直し、片手に缶や道具を抱え、 片手ではしごを上っていきます。 いかがでしょうか? 通常、二階建ての一般住宅は屋根までの高さは6m~8mと言われています。 その高さを片手ではしごを使って登ったり、 屋根の上で支えが無い状態で作業をしたりするのは、 ケガや死亡事故などのリスクが非常に高くなります。 屋根が急勾配の場合は、それ以上に危険です。 また、塗る箇所を移動する際の昇り降りも、非常に時間が掛かってしまうことに加え、 安定しない場所での作業からくる恐怖心などで、作業スピードも大幅に低下してしまいます。 このような作業を繰り返して、住宅をぐるりと一周塗り上げるとなると当然、 作業効率は足場を設置した時の倍以上、低下してしまいます。 塗装工事では、安全面も考えることが、 作業効率に大きく関わってくるのが分かって頂けたと思います。 作業効率の向上には足場の設置は必要不可欠といえるでしょう。   4.お客様・近隣の方々への配慮 塗装工事では足場の他に、メッシュシートを掛けます。 そのおかげで、お客様や近隣の方々とのトラブルの発生を未然に防ぐことができます。 塗装工事の際には、必ず高圧洗浄という工程を行います。 高圧洗浄は、高圧洗浄機で水を吹きかけ、屋根や外壁に着いている汚れや以前の塗膜などを 綺麗に剥がし、新たに塗る塗料を密着させやすくする役割があります。 そのため、高圧洗浄では汚れた水のしぶきや、剥がした塗膜の飛散等が起こります。 その飛散を防止する対策として、足場を掛けることが重要となってきます。 足場がない場合、飛散した汚れた水やゴミなどが、 隣接する建物や住宅の屋根・外壁だけではなく、 近隣住民の自動車や庭先の観葉植物、現場周辺の歩行者などに かかってしまう問題が発生してしまいます。 余計なトラブルは作業効率の低下にも繋がります。 トラブルを避けるためにも、どの塗装工事においても足場を立て、 飛散防止のシートを掛けることが大切です。 トラブルを未然に防ぐことで、お客様やご近所の方々も安心して 生活することができます。   最後に   いかがでしょうか? 以上の4つの項目からは、足場を掛けないことによるリスクとして、 ・安全面に対するリスク ・品質に対するリスク ・トラブルなどに対するリスク の3つのリスクが挙げられます。 これらのリスクは足場を掛けるだけで、軽減することができます。 安全で品質の高い屋根・外壁塗装を行ってもらうためにも、 足場を必ず設置して作業をしてもらうようにしましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。 2020年11月02日 更新

塗装のマメ知識

【塗装のマメ知識】10月号 「屋根・外壁の劣化度合と対処方法」などについて|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

【10月26日(月)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「屋根・外壁の劣化度合と対処方法」について 簡単にご紹介いたします!   建物は年数と共に様々な劣化が増えていきます。 経年劣化による症状もありますが、台風や地震といった 自然災害で劣化してしまう場合もあります。   しかし、一口に劣化といっても、種類や段階があり、 どのような劣化がどれくらい酷いものなのかわかりづらいと思います。 そんな屋根・外壁の劣化症状を、劣化度合ごとにどんな対処が必要なのか まとめさせていただきました!   丁寧な仕事をすることはもちろんですが、 お客様や地域の方々にとってより良いものを提供させていただくのが、 我々イエガードの働き方であり、大事にしていることでもあります。   少しでもお客様に信頼していただけるように、 簡単ではありますが、ご説明させて頂きます! 今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     屋根・外壁の劣化度合と対処方法   ※劣化度について  劣化度を★の数で表記しております。  ★が多ければ多いほど、劣化度が大きく、  補修・塗装をおすすめしております。  劣化度★    :診断をおすすめしています  劣化度★★★  :補修・塗装をおすすめしています  劣化度★★★★★:早急に補修・塗装をおすすめしています   こんな症状でお悩みの方は、イエガードへお気軽にご相談ください!   色あせ(劣化度★) 経年により外壁塗装に含まれる樹脂が劣化し 塗装の色が変わったり、ツヤが落ちてきます。 塗り替え時期の初期症状です。   チョーキング(劣化度★★) 外壁塗装・屋根塗装の塗膜が劣化すると 白い粉が手につきます。 防水性が悪くなっているので 塗り替えを考え始めた方が良いです。   外壁・屋根のコケ・藻(劣化度★★★) コケや藻は外壁塗装・屋根塗装の塗膜の劣化により 防水性が低下している箇所に発生しやすい状態です。   シーリング(劣化度★★★) 紫外線劣化によりシーリングに含まれる可塑剤が抜けるため、 ひび割れや痩せ現象が発生します。 そこから水が入り込み雨漏りの原因となりますので 早めに対処しましょう。   さび/トタン屋根(劣化度★★★★) サビは放置すると他の箇所に広がり、 表面だけでなく内部も腐食しますので 早めに対処しましょう。   外壁のひび割れ(劣化度★★★★★) 外壁塗装のひび割れは軽視しがちですが、 広がったり深く割れてしまうと 雨水が浸入し雨漏りの原因となるので 早めに対処しましょう。   なぜ外壁はトラブルが多いのか?   ご存知でしたか? こんな症状を放置すると雨漏りに繋がるんです! 雨漏りの多くは外壁トラブルが原因!   なぜ、外壁トラブルが多いのでしょうか?   ・新築で一番コストを抑えられるは外壁材です。  安いが故にトラブル多し!要注意です。   ・外壁は普段の生活であまり気にならない・・・。  庭の手入れの時に気になっているという方は要注意です。   ・年々太陽光や台風など過酷な環境になってきて生活しにくい通り、  外壁へのダメージも年々大きくなってきています。   上記のように、外壁材は雨風から家族を黙って 守ってくれているのにもかかわらず、 放置されたままの事が大変多いのです! 見た目以上に内部にはダメージが溜まっています!   外壁や屋根の気になる箇所を放置しすぎると、 見た目以上に住まいの内部構造にダメージが及び、塗装だけではなく、 外壁材の葺き替え、内部補修などが必要になり、余計な費用がかかることも。 早めは早めの診断・対策をおすすめします!   セルフチェックは完了したが、 やはり、プロの目でキチンとした診断を受けたい!!! そんなあなたに朗報です。   イエガードでは、外壁・屋根の診断を 無料で行っております。   他社とは違う!イエガードの外壁屋根診断の特徴は、 以下の3つです。   ❶屋根、外壁の専門家がじっくり診断します! 人間ドックで様々な機械を駆使しながら身体を知り尽くした お医者さんに健康状態をチェックしもらうように、 屋根や外壁で気なることがある時には 屋根や外壁を知り尽くした専門家に診てもらうことが大切です。 屋根や外壁でどこに問題があるのかを 高所点検カメラや含水率計、赤外線カメラ、打診棒、 マイクロスコープなどの専門器具を用いて 1時間ほどかけてしっかり診断します。   ❷屋根、外壁の専門家がじっくり診断します! 細かな診断をしても、その診断結果を正確にお客様に お伝えしなければ意味がないと私たちは考えています。 そこで、私たちは写真付きの報告書で分かりやすく お家の状態をお伝えしています。 その上でお客様のお家の状態にあった今後の対策を 考えていただけるよう適切なご提案をさせていただきます。   ❸診断後もお客様が嫌がるような  強引な営業はいたしません! 「診断だけといいながら、診断後強引な営業があって困った」 というお話をよくお聞きします。 私たちはお客様が嫌な思いをすることがないよう、 診断後も強引な営業はいたしません。 お気軽お問い合わせいただき、 まずは大切なお家の状態を知って下さい。   まずは、話だけでも聞いてみたい!   そんなお客様は、 イエガードのショールームに ご来店することをオススメします!   ショールームへのご来店で、 自分にあった雰囲気の会社か確認できる! ガラス張りのショウルームのため、中の様子がわかる! 地域密着の塗装会社のため、逃げも隠れもできない という良さがございます。 また、電話でのお問い合わせも承っておりますので、 どうぞお気軽にお電話いただければと思います。   お知らせ   【施工事例UPしました!】   大崎市古川 H様邸 屋根・外壁塗装工事 施工事例をUPいたしました。 シリコン塗料での屋根外壁塗装工事をお考えの方は、 ぜひ下のURLから、施工事例をご確認ください♪ https://www.ieguard-takakatsu.com/works/17381/   また、他にも、沢山の施工事例を随時更新中! ぜひお見逃しのないよう、チェックしてみてください♪     【おかげ様で65周年】   タカカツの屋根・外壁塗装専門店イエガードの原点は 大崎市ではおなじみの株式会社タカカツホールディングスにあります。 その歴史をさかのぼると昭和30年からの創業で、 今年創業65周年を迎えることができました。 一般的に会社が設立してから、10年存続する会社は 100社あったら6社、それが設立から20年だとほぼ0社とされています。 しかし、私たちがそんな長い歴史が築き上げられてきたのは 大崎市をはじめとする地域の皆様からの信頼があったからです。 これからも地域の皆様に愛されるタカカツとして、 誠心誠意努めてまいります。 何卒宜しくお願い致します。   最後に   いかがでしょうか? 今回は屋根・外壁の劣化度合と対処方法についてお話をさせていただきました。 塗装というものは正直、塗ってしまえばわからない、と言われています。 しっかりと細部まで塗装したのか、素材に合った塗料を使っているのかは、 塗った時点で判別するのは、業者の方でもない限り非常に難しいです。 だからこそ、お客様自身で見積書などをしっかりと確認して頂き、 信頼できる会社を選んで下さい。   その信頼できる会社の中に、私たち屋根・外壁塗装専門店イエガードを 選んで頂けると幸いです。 また前回のブログでもお伝えしましたが、 屋根・外壁への塗装は 劣化を遅らせることはできますが、 完全に防ぐことはできません。 なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は 定期的にメンテナンスを行うことを 心がけましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。 2020年10月26日 更新

塗装のマメ知識

【10月11日折込】チラシ情報

皆様こんにちは。 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは! 季節の変わり目となりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか? イエガードでは、 9月15日にタカカツグループが65周年を迎えるということで、 本日から10月末までの限定特価チラシを折込しております。 あの高品質塗料「ハイブリット無機塗料」が、 65周年価格で、65万円(税抜)と、 大変お得になっております。 詳しくは、折込チラシをご覧ください!       初回限定で、WEBから来店予約をしていただいたお客様には、 1,000円分のクオカードをお見積り提出時にお渡し致します! 来場予約は、 下のURLをクリック! https://www.ieguard-takakatsu.com/showroom/#form 皆様のお電話・ご来店、 お待ち申し上げております。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー お客様各位 平素は弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 現在発生している新型コロナウイルス感染症への 予防対応につきまして下記の対応を実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。 【スタッフの感染予防】 • 出勤した際や外出から戻った際は、手洗い・うがい・消毒を徹底しております。 • 従業員は毎朝体温計測をし、37.5℃以上の平熱よりも高い場合は、 自宅待機とさせていただいております。 【店内の感染予防】 • 店舗入り口に手指消毒液を設置して、手指の消毒をお願いしております。 • 手に触れやすい場所(テーブルやイスなど手に触れる可能性が高い場所)は、 お客様をお迎えする前後に消毒・除菌を致します • ご予約を頂いたお客様の隣に、他のお客様が座ることがないように、 なるべく離れた席をご用意致します。 • お客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮し、 スタッフがマスクを着用でご案内させて頂く場合があります。 ※ご来店前日、当日に体調が悪い場合、ご無理なさらずご予約のキャンセルをしてください。 ※日程変更につきましては、体調が完全に良くなられた時で構いませんので、 再度日程の調整をさせていただけたらと思います。 拡散防止をするため「咳エチケット」にご協力ください。 お客様自身、お客様のご家族、大切な方を「感染」から守るためにご協力をお願いいたします。 お客様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。 新型コロナウイルス感染症の影響を注視しながら取り組んでまいりますので、 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、遠田郡の 屋根・外壁塗装なら イエガードへお任せ! お問合せ:0800-800-7869 お見積り依頼は こちら 皆様のご来場お待ちしております!! 2020年10月11日 更新

チラシ情報

【塗装のマメ知識】9月号 「塗装に関する基礎知識」などについて|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

【9月6日(日)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「塗装に関する基礎知識」について 簡単にご紹介いたします! 屋根・外壁の塗装はすぐにできるものではなく、 時間と費用を掛けて初めてできるものです。 丁寧な仕事をすることはもちろんですが、 お客様や地域の方々にとってより良いものを提供させていただくのが、 我々イエガードの働き方であり、大事にしていることでもあります。 少しでもお客様に信頼していただけるように、 「塗装とは何なのか?」について触れながらご説明させて頂きます! 今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     塗装に関する基礎知識   塗装に関する知識を簡単に知っておくだけでも、 塗装の相談をスムーズに進めることができます! ぜひ、ご自身で確認してみましょう!   【なぜ、塗装をしなければならないのか?】 屋根・外壁の施工の目的は「見た目を美しくする」のもそうですが、 本来の目的は雨水の侵入を防ぎ、大切なお住まいを長持ちさせるために行います。 建物内に水が浸入すると断熱材が湿気を含みカビが発生します。 その湿気を含んでしまった材木は、シロアリを呼び込んでしまい、 お住いの柱や基礎部分を食い荒らしてしまいます。 雨水の侵入はこうした二次的被害を誘発します。 それを外壁塗装で阻止することができます。 それ故に、外壁塗装を定期的にしなければ結果的に 大きな修繕費用がかかる場合があります。   【どんな業者を選べばよいか?】 まずは「業者の違い」を知りましょう! 外壁塗装をする業者は大きく分けて4種類です。 ①有名ハウスメーカー・大型リフォーム店 自分の家を建ててくれた安心感、 大きい会社というブランド力・保証力があります。 ただし、価格が高めであり、 実際に施工するのは下請けの別会社になります。 ②地域密着型の塗装専門店 その会社に昔から関わっている職人や、 丁寧で技術力が高い職人を抱えている会社が多いです。 地域密着によるこまめなメンテナンスやアフターサービスが受けられ、 塗料にこだわりがあるお店も多いです。 ③職人さん 職人さんに直接お願いすることもできます。 会社や工務店が入っていないため、安い価格で工事できますが、 保証力が弱く、他分野での工事ができません。 ④訪問販売や安売りチラシの会社 すべてがダメというわけではないですが、 仲介手数料を多額にとった見積もりや、 補償の面が不明確な場合もあります。   【お値段の相場はどれくらい?】 あくまで相場の平均ですが、80~120万円程度と言われています。 外壁のみなのか、屋根の塗装も行うのかといった工事内容や お住まいの建坪・壁面積、塗装するための素材によって お値段は変動いたします。 もし、見積もり金額が60万円を切ってくるような場合、 手抜き工事の疑いがあります。 逆に200万円を超える場合、 仲介業者が多額の手数料を取っている可能性があります。   【外装塗装の工事期間は?】 外装塗装工事のみの場合、10日~2週間程度と言われています。 おおよその目安であり、工事にかかる日数は、 リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、一概には言えません。 ただ、業者に一週間前後で工事が終わると告げられた場合、 工事内容をご確認ください。 各工程を丁寧にやると、それぞれ最低1日はかかります。 いい加減な塗装業者の場合は、何かの工程を省くか、 塗りの乾燥期間を短くして工事期間を短くしています。 塗装を依頼する場合、優良店を見つけて施工をすることをお勧め致します。   【価格だけで選んでもいいのか?】 工事内容を確認しましょう! 何回外壁を塗るのかによっても変わりますし、 下処理(より良い塗装をするためにはとても重要な処理)を どのくらいやるのかによっても金額は変わります。 外壁は3回塗りが一般的ですが、付帯部は1回塗りなので 金額が安いという業者もいます。 イエガードでは付帯部も基本3回塗りで見積もりを出しておりますので、 金額は他社よりも高く見えるかもしれませんが、 より長持ちする提案をさせていただいております。   【どんな塗料を選べばいいのか?】 お住まいによって違います。 塗料によって、耐久年数・性能・お値段までかなり異なります。 また、素材によってお住まいに「合う・合わない」があります。 イエガードでは、予算・お住まいの状況に合った塗料選びをするために、 まずはプロの目線での「現場調査」を行います。   【どんな見積書が安心できるのか?】 詳細の工事まで記載した見積書です。 会社によっては、大まかな工事内容と金額しか書いていない 見積書を提出しています。 「外壁一式」や「屋根一式」などしか記載されていない大まかな見積書だと、 どの部分にいくらの料金が発生しているか分からないので内容が 不明瞭になる可能性があります。 良心的な会社は付帯部の塗装であっても、詳細を見積書に記載しています。 一式見積もりだけでなく㎡(平方メートル)数まで記載している業者に頼みましょう。   【なぜ下地処理が必要なのか?】 下地処理をしっかりしないと、10年ももたない塗装になってしまいます。 それによって長期間で考えたときより多くのコストがかかってしまいます。 外壁リフォームはペンキを塗るだけではなく、必要な下処理や修理を 手を抜くことなく行うことが大切です。 具体的な下地処理は以下の三つが挙げられます。 ・ケレン(研磨) 手を抜かれがちな工程です。 イエガードではトタン屋根などは標準的に機械ケレンを行います。 細部のケレン不足は剥がれにつながります。 かなり大変な作業ですが、 とにかく丁寧さが求められる最も大切な工程の一つです。 ・補修 目先だけの簡単な補修方法も多くありますが、 何年か先を見越した補修が必要と考えます。 「保護」と「美観」の両方を満たすため惜しまずに手間をかけます。 補修は知識・技術で大きく差がつく作業です。 ・交換など 例えば屋根の雪止め金具などは種類によっては 必ず交換をお勧めしております。 これは多くの塗装店が行っていないことです。 板金等にも精通しておりますので、 お客様にとってベストな提案をさせて頂いております。   最後に   いかがでしょうか? 塗装の基礎知識について様々なお話をさせていただきましたが、 正直、塗装は塗ってしまえばわからない、と言われています。 しっかりと細部まで塗装したのか、外壁に合った塗料を使っているのかは、 塗った時点で判別するのは、業者の方でもない限り非常に難しいです。 だからこそ、お客様自身で見積書などをしっかりと確認して頂き、 信頼できる会社を選んで下さい。 その信頼できる会社の中に、私たち屋根・外壁塗装専門店イエガードを 選んで頂けると幸いです。 また前回のブログでもお伝えしましたが、 屋根・外壁への塗装は 劣化を遅らせることはできますが、 完全に防ぐことはできません。 なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は 定期的にメンテナンスを行うことを 心がけましょう! ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【9月13日(日)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「付帯部分」についてご紹介いたします! 付帯部分とは住宅の屋根・外壁以外の部分のことを言います。 具体的にいうと、軒天、破風、雨樋などのことを、まとめて言い表した部分です。 この部分はそれぞれ形状や材質、役割が異なっているので、塗装の目的も変わってきます。 付帯部分は数が多いので、その中でも代表的な4ヶ所をまとめました! 今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     付帯部分について 【軒天】     軒天は外壁から外側に出ている屋根の裏部分のことを言います。 この部分の役割として、 ▶屋根の下地を隠すための目隠し ▶屋根裏への雨風の侵入防止 ▶火災時の屋根への延焼防止 の三つの役割があります。 劣化が進行していた場合、塗装もしくは張替えをお勧め致します。 劣化がほとんど進行していない、軒天の素材が特殊なもの使っていたなどの場合、 塗装を行わない選択をお勧めすることもあります。 軒天は、位置的に太陽の光は当たりづらい部分ですが、水分や湿気がたまりやすい部分と いわれており、気付かない内に劣化が始まってしまうことがあります。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・シミ、色あせ ・ハガレ、穴 ・カビやコケの発生 何かがぶつからない限り穴が開くことは少ないですが、 劣化が進行すると様々な症状が出てきてしまいます。 塗装をお考えの際は、ぜひ軒天もチェックしてみましょう!   【破風・鼻隠し】 破風・鼻隠しは屋根の先端を守るために取り付けられる板状の部材のことをいいます。 破風は雨樋が付いていない屋根の端に取り付けられ、 鼻隠しは雨樋が付いている軒先に取り付けられます。 屋根の中に雨水などを侵入させないために取り付けられるので、 塗装をする時は付帯部の中でも重要な部分となっています。 破風・鼻隠しは、屋根の部位の中でも特に風や雨水にさらされる部分なので、 劣化のスピードが屋根よりも早いと言われています。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・カビ、藻の発生・ヒビ・塗膜の剥離 破風・鼻隠しの素材はご自宅によって様々なので、 塗装をお考えの際には屋根・外壁塗装の専門業者にしっかりと確認してもらい、 素材にあった塗料を塗ってもらいましょう!   【水切り】 水切りは雨水が建物や土台の隙間などに入り込まないように、 基礎と外壁の境界に差し込まれている、L字型の金物のことです。 外壁から流れてきた雨水などが基礎部分に浸透しないように保護する役割があります。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・サビ・色あせ・欠け 水切りは金属製のものが多いので、金属特有の劣化症状がでてきます。 基本、欠けやサビによって腐食し穴が開かない限り、 外壁の塗装と一緒に行えば交換をする必要はありません。 逆に言えば、欠けや腐食してしまった場合は、 他に腐食した部分もまとめて交換しなければいけません。 そのため、通常の塗装よりも費用がかさんでしまう可能性があります。 小さな変化でも見つけた場合は、すぐに専門業者に相談をしてみましょう!   【雨樋】     雨樋は屋根の上を流れてきた雨水を地面に落とさずに受け止め、 意図した方向へ流して一か所に集めて地上地下に落とす役割があります。 素材は塩ビのものが多く、傷がついたりや破損しない限り、劣化することはほとんどありません。 そのため、雨樋の塗装は美観を保つために行われることが多いです。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・割れ・色あせ 雨樋は劣化しにくいとはいえ、紫外線にさらされ続ける部分なので、 少しずつ劣化は進行していきます。 最初は色あせ程度ですが、あまりにも放置すると最悪の場合、 穴が空いてしまうこともあります。 そのような場合、雨樋を丸ごと交換する必要が出てきてしまいます。 そのようなことが起きる前に、雨樋も定期的に塗装をしてもらうことを心掛けましょう!   最後に   いかがでしょうか? 付帯部分は屋根や外壁と比べて、劣化を見落としやすい箇所でもあります。 付帯部分の塗装は屋根・外壁の塗装時に一緒に行うと、 美観もですが建物の保護機能も保つことができます。 後々の劣化スピードも同時に進むので、 塗装しなかった箇所が目立つこともありません。 さらに、まとめて塗装を行うことで、 屋根・外壁の塗装時に必要な足場の費用が二重に掛からないので、 費用を抑えることができ経済的にも良い、と言われています。 「あんまり傷んでいないみたいだし、塗ってもらわなくてもいいや」 と考えてしまうと、後々の費用が大きく掛かってしまう可能性がありますので、 屋根・外壁の塗装をお考えの際は、ぜひ付帯部分も忘れずに塗装を してもらうように心掛けましょう! ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております   【9月20日(日)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「足場設置の必要性」についてご紹介いたします! 我々イエガードでは、塗装工事を行う際には、必ず足場を設置します。 お客様からすると、外からの光や風が差し込みにくくなり、外観もあまりよくありませんので、 どちらかと言えば無い方が良い、と思われるかと思います。 また、費用も決して安くはありませんし、足場を一日でも早く解体してほしいから工事を 早く終わらせてほしい!という場合も少なくありません。 ですが、邪魔に思う足場も作業をする上では、 なくてはならない、非常に重要な役割を持っています。 そこで、今回は「足場設置の必要性」を4つの項目にまとめさせていただきました! 今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!      足場設置の必要性 1.職人の安全確保 足場の設置は、塗装工事を施す職人さんの安全確保のためには必要不可欠です。 工事の種類に係わらず、安全面は一番に考える必要があります。 万が一、塗装工事中に高所から職人が落下し負傷者が出た場合は、 工事は中断しなければなりません。 足場を設置することで、高所作業でのリスクを減らし、安全に塗装工事を施工することができ、 それ自体が事故防止のための最低限の保証になります。 しっかりとした塗装工事をすることは当然ですが、 現場で働く職人さんの安全は必ず確保する必要があります。 厚生労働省が出している、『業種別労働災害発生状況』*¹によると、 平成31年~令和元年までに発生した建設業における墜落・転落の事故では、 110人の方が亡くなっています。 つまり、一か月に約8~9人の方々が、墜落・転落によって亡くなっていることになります。 それらすべてが、足場に関わる事ではありませんが、 足場を設置しなかったことによる事故は少なからず起こっています。 仕事を最後まで丁寧にやりきるには、職人さんも含めて、 周辺の方々に対する安全面を考慮することが、とても重要だと言えるでしょう。 ・*¹厚生労働省 労働災害発生状況   2.品質管理 塗装工事の品質管理をする上でも、非常に重要になってきます。 技術的なことをいえば、足場をかけず、はしご等を使い、塗装工事を行うことはできます。 しかし、はしご等での作業は、届かない箇所や塗りにくい箇所が必ず出てきます。 足場があれば難なく濡れる箇所も、はしご等で行うと作業範囲が限られてしまいます。 足場があれば丁寧に仕上げられる箇所も、塗りにくい・手が届かないという理由で、 適当に仕上げられてしまいます。 また、はしご等で行う塗装は非常に手間がかかります。 どう頑張っても塗ることができなければ、 二回塗りで終わらせてしまったり、高圧洗浄なども十分にされなかったりするなど、 ただでさえ手抜き工事が多い塗装業界においては、 充分な塗装工事がされないリスクが非常に高くなります。 加えて、工事完成後の点検等も、離れた場所からの目視確認だけで終わってしまうので、 見落としが増えてしまいます。 しっかりとした塗装を行うには、足場の設置は欠かすことができない重要な工程の一つです。   3.作業効率の向上 足場の設置は、作業効率の向上に大きく係わってきます。 作業効率の低下は工期の延長にも繋がり、お客様はもちろん、 塗装業者にも負担が大きいものになってしまいます。 例として、足場を設置せず、はしごで塗装工事を行った場合のリスクをご紹介します。   まず初めに、塗装を始める箇所にはしごを設置し一番上まで上がっていきます。 この際、片手には塗料の缶や道具を持っていくので、 片手ではしごを上っていくことになります。 はしごを登り切った後、屋根の上で塗装を始めます。 足場を設置していないため、屋根の周りには身体を支えるものはありませんし、 支えるものを設置することもできません。 足元が不安定な中、塗装を行う際には、 片手に缶、もう片手にはローラーやハケなどの道具を持つので、 支えが全く無い手放し状態のまま、塗装を行います。 最初に塗る箇所が終われば、片手に缶や道具を持ったまま、 再び片手で地上まで降ります。 そして、はしごを掛け直し、片手に缶や道具を抱え、 片手ではしごを上っていきます。   いかがでしょうか? 通常、二階建ての一般住宅は屋根までの高さは6m~8mと言われています。 その高さを片手ではしごを使って登ったり、 屋根の上で支えが無い状態で作業をしたりするのは、 ケガや死亡事故などのリスクが非常に高くなります。 屋根が急勾配の場合は、それ以上に危険です。 また、塗る箇所を移動する際の昇り降りも、非常に時間が掛かってしまうことに加え、 安定しない場所での作業からくる恐怖心などで、作業スピードも大幅に低下してしまいます。 このような作業を繰り返して、住宅をぐるりと一周塗り上げるとなると当然、 作業効率は足場を設置した時の倍以上、低下してしまいます。 塗装工事では、安全面も考えることが、 作業効率に大きく関わってくるのが分かって頂けたと思います。 作業効率の向上には足場の設置は必要不可欠といえるでしょう。   4.お客様・近隣の方々への配慮 塗装工事では足場の他に、メッシュシートを掛けます。 そのおかげで、お客様や近隣の方々とのトラブルの発生を未然に防ぐことができます。 塗装工事の際には、必ず高圧洗浄という工程を行います。 高圧洗浄は、高圧洗浄機で水を吹きかけ、屋根や外壁に着いている汚れや以前の塗膜などを 綺麗に剥がし、新たに塗る塗料を密着させやすくする役割があります。 そのため、高圧洗浄では汚れた水のしぶきや、剥がした塗膜の飛散等が起こります。 その飛散を防止する対策として、足場を掛けることが重要となってきます。 足場がない場合、飛散した汚れた水やゴミなどが、 隣接する建物や住宅の屋根・外壁だけではなく、 近隣住民の自動車や庭先の観葉植物、現場周辺の歩行者などに かかってしまう問題が発生してしまいます。 余計なトラブルは作業効率の低下にも繋がります。 トラブルを避けるためにも、どの塗装工事においても足場を立て、 飛散防止のシートを掛けることが大切です。 トラブルを未然に防ぐことで、お客様やご近所の方々も安心して 生活することができます。   最後に   いかがでしょうか? 以上の4つの項目からは、足場を掛けないことによるリスクとして、 ・安全面に対するリスク ・品質に対するリスク ・トラブルなどに対するリスク の3つのリスクが挙げられます。 これらのリスクは足場を掛けるだけで、軽減することができます。 安全で品質の高い屋根・外壁塗装を行ってもらうためにも、 足場を必ず設置して作業をしてもらうようにしましょう! ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【9月27日(日)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のおはなし   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「これまでの総復習」としまして、今までにこのブログでご紹介して まいりました、まめ知識とイエガードについて振り返って行こうと思います!   このブログでは、 ①屋根・外壁塗装などのまめ知識 ②屋根・外壁塗装専門店イエガードの近況報告 などを中心にご紹介してきました。 その一区切りとしまして、それぞれの記事を簡単にまとめさせていただきました! 既にご覧になった方、まだご覧になっていない方も、今回のブログを見て これまでどんな内容だったのかを確認していただけたらと思います! どうぞよろしくお願いいたします!   これまでのブログ   これまでにこのブログは、5月3日、9日、12日の計三日、記事の更新をしてきました。 どんな記事を書いたかというと、   ・塗装に関する基礎知識 ・付帯部分 ・足場設置の必要性   という内容で更新してきました。   ではそれぞれの内容について簡単に振り返っていきましょう!!   『塗装に関する基礎知識』       【なぜ、塗装をしなければならないのか?】 屋根・外壁の施工の目的は「見た目を美しくする」のもそうですが、 本来の目的は雨水の侵入を防ぎ、大切なお住まいを長持ちさせるために行います。 建物内に水が浸入すると断熱材が湿気を含みカビが発生します。 その湿気を含んでしまった材木は、シロアリを呼び込んでしまい、 お住いの柱や基礎部分を食い荒らしてしまいます。 雨水の侵入はこうした二次的被害を誘発します。 それを外壁塗装で阻止することができます。 それ故に、外壁塗装を定期的にしなければ結果的に 大きな修繕費用がかかる場合があります。   【どんな業者を選べばよいか?】 まずは「業者の違い」を知りましょう! 外壁塗装をする業者は大きく分けて4種類です。 ①有名ハウスメーカー・大型リフォーム店 自分の家を建ててくれた安心感、 大きい会社というブランド力・保証力があります。 ただし、価格が高めであり、 実際に施工するのは下請けの別会社になります。 ②地域密着型の塗装専門店 その会社に昔から関わっている職人や、 丁寧で技術力が高い職人を抱えている会社が多いです。 地域密着によるこまめなメンテナンスやアフターサービスが受けられ、 塗料にこだわりがあるお店も多いです。 ③職人さん 職人さんに直接お願いすることもできます。 会社や工務店が入っていないため、安い価格で工事できますが、 保証力が弱く、他分野での工事ができません。 ④訪問販売や安売りチラシの会社 すべてがダメというわけではないですが、 仲介手数料を多額にとった見積もりや、 補償の面が不明確な場合もあります。   【お値段の相場はどれくらい?】 あくまで相場の平均ですが、80~120万円程度と言われています。 外壁のみなのか、屋根の塗装も行うのかといった工事内容や お住まいの建坪・壁面積、塗装するための素材によって お値段は変動いたします。 もし、見積もり金額が60万円を切ってくるような場合、 手抜き工事の疑いがあります。 逆に200万円を超える場合、 仲介業者が多額の手数料を取っている可能性があります。   【外装塗装の工事期間は?】 外装塗装工事のみの場合、10日~2週間程度と言われています。 おおよその目安であり、工事にかかる日数は、 リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、一概には言えません。 ただ、業者に一週間前後で工事が終わると告げられた場合、 工事内容をご確認ください。 各工程を丁寧にやると、それぞれ最低1日はかかります。 いい加減な塗装業者の場合は、何かの工程を省くか、 塗りの乾燥期間を短くして工事期間を短くしています。 塗装を依頼する場合、優良店を見つけて施工をすることをお勧め致します。   【価格だけで選んでもいいのか?】 工事内容を確認しましょう! 何回外壁を塗るのかによっても変わりますし、 下処理(より良い塗装をするためにはとても重要な処理)を どのくらいやるのかによっても金額は変わります。 外壁は3回塗りが一般的ですが、付帯部は1回塗りなので 金額が安いという業者もいます。 イエガードでは付帯部も基本3回塗りで見積もりを出しておりますので、 金額は他社よりも高く見えるかもしれませんが、 より長持ちする提案をさせていただいております。 【どんな塗料を選べばいいのか?】 お住まいによって違います。 塗料によって、耐久年数・性能・お値段までかなり異なります。 また、素材によってお住まいに「合う・合わない」があります。 イエガードでは、予算・お住まいの状況に合った塗料選びをするために、 まずはプロの目線での「現場調査」を行います。   【どんな見積書が安心できるのか?】 詳細の工事まで記載した見積書です。 会社によっては、大まかな工事内容と金額しか書いていない 見積書を提出しています。 「外壁一式」や「屋根一式」などしか記載されていない大まかな見積書だと、 どの部分にいくらの料金が発生しているか分からないので内容が 不明瞭になる可能性があります。 良心的な会社は付帯部の塗装であっても、詳細を見積書に記載しています。 一式見積もりだけでなく㎡(平方メートル)数まで記載している業者に頼みましょう。   【なぜ下地処理が必要なのか?】 下地処理をしっかりしないと、10年ももたない塗装になってしまいます。 それによって長期間で考えたときより多くのコストがかかってしまいます。 外壁リフォームはペンキを塗るだけではなく、必要な下処理や修理を 手を抜くことなく行うことが大切です。 具体的な下地処理は以下の三つが挙げられます。   ・ケレン(研磨) 手を抜かれがちな工程です。 イエガードではトタン屋根などは標準的に機械ケレンを行います。 細部のケレン不足は剥がれにつながります。 かなり大変な作業ですが、 とにかく丁寧さが求められる最も大切な工程の一つです。   ・補修 目先だけの簡単な補修方法も多くありますが、 何年か先を見越した補修が必要と考えます。 「保護」と「美観」の両方を満たすため惜しまずに手間をかけます。 補修は知識・技術で大きく差がつく作業です。   ・交換など 例えば屋根の雪止め金具などは種類によっては 必ず交換をお勧めしております。 これは多くの塗装店が行っていないことです。 板金等にも精通しておりますので、 お客様にとってベストな提案をさせて頂いております。   以上の内容を書かせていただきました。   『付帯部分』   【軒天】     軒天は外壁から外側に出ている屋根の裏部分のことを言います。 この部分の役割として、   ▶屋根の下地を隠すための目隠し ▶屋根裏への雨風の侵入防止 ▶火災時の屋根への延焼防止   の三つの役割があります。   劣化が進行していた場合、塗装もしくは張替えをお勧め致します。 劣化がほとんど進行していない、軒天の素材が特殊なもの使っていたなどの場合、 塗装を行わない選択をお勧めすることもあります。 軒天は、位置的に太陽の光は当たりづらい部分ですが、水分や湿気がたまりやすい部分と いわれており、気付かない内に劣化が始まってしまうことがあります。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・シミ、色あせ ・ハガレ、穴 ・カビやコケの発生 何かがぶつからない限り穴が開くことは少ないですが、 劣化が進行すると様々な症状が出てきてしまいます。 塗装をお考えの際は、ぜひ軒天もチェックしてみましょう!   【破風・鼻隠し】 破風・鼻隠しは屋根の先端を守るために取り付けられる板状の部材のことをいいます。 破風は雨樋が付いていない屋根の端に取り付けられ、 鼻隠しは雨樋が付いている軒先に取り付けられます。 屋根の中に雨水などを侵入させないために取り付けられるので、 塗装をする時は付帯部の中でも重要な部分となっています。 破風・鼻隠しは、屋根の部位の中でも特に風や雨水にさらされる部分なので、 劣化のスピードが屋根よりも早いと言われています。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・カビ、藻の発生・ヒビ・塗膜の剥離 破風・鼻隠しの素材はご自宅によって様々なので、 塗装をお考えの際には屋根・外壁塗装の専門業者にしっかりと確認してもらい、 素材にあった塗料を塗ってもらいましょう!   【水切り】 水切りは雨水が建物や土台の隙間などに入り込まないように、 基礎と外壁の境界に差し込まれている、L字型の金物のことです。 外壁から流れてきた雨水などが基礎部分に浸透しないように保護する役割があります。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・サビ・色あせ・欠け 水切りは金属製のものが多いので、金属特有の劣化症状がでてきます。 基本、欠けやサビによって腐食し穴が開かない限り、 外壁の塗装と一緒に行えば交換をする必要はありません。 逆に言えば、欠けや腐食してしまった場合は、 他に腐食した部分もまとめて交換しなければいけません。 そのため、通常の塗装よりも費用がかさんでしまう可能性があります。 小さな変化でも見つけた場合は、すぐに専門業者に相談をしてみましょう!   【雨樋】     雨樋は屋根の上を流れてきた雨水を地面に落とさずに受け止め、 意図した方向へ流して一か所に集めて地上地下に落とす役割があります。 素材は塩ビのものが多く、傷がついたりや破損しない限り、劣化することはほとんどありません。 そのため、雨樋の塗装は美観を保つために行われることが多いです。 この部位には以下の劣化が出てきます。 ・割れ・色あせ 雨樋は劣化しにくいとはいえ、紫外線にさらされ続ける部分なので、 少しずつ劣化は進行していきます。 最初は色あせ程度ですが、あまりにも放置すると最悪の場合、 穴が空いてしまうこともあります。 そのような場合、雨樋を丸ごと交換する必要が出てきてしまいます。 そのようなことが起きる前に、雨樋も定期的に塗装をしてもらうことを心掛けましょう!   以上の内容を書かせていただきました。   『足場設置の必要性』 足場設置の必要性 1.職人の安全確保 足場の設置は、塗装工事を施す職人さんの安全確保のためには必要不可欠です。 工事の種類に係わらず、安全面は一番に考える必要があります。 万が一、塗装工事中に高所から職人が落下し負傷者が出た場合は、 工事は中断しなければなりません。 足場を設置することで、高所作業でのリスクを減らし、安全に塗装工事を施工することができ、 それ自体が事故防止のための最低限の保証になります。 しっかりとした塗装工事をすることは当然ですが、 現場で働く職人さんの安全は必ず確保する必要があります。 厚生労働省が出している、『業種別労働災害発生状況』*¹によると、 平成31年~令和元年までに発生した建設業における墜落・転落の事故では、 110人の方が亡くなっています。 つまり、一か月に約8~9人の方々が、墜落・転落によって亡くなっていることになります。 それらすべてが、足場に関わる事ではありませんが、 足場を設置しなかったことによる事故は少なからず起こっています。 仕事を最後まで丁寧にやりきるには、職人さんも含めて、 周辺の方々に対する安全面を考慮することが、とても重要だと言えるでしょう。 ・*¹厚生労働省 労働災害発生状況   2.品質管理 塗装工事の品質管理をする上でも、非常に重要になってきます。 技術的なことをいえば、足場をかけず、はしご等を使い、塗装工事を行うことはできます。 しかし、はしご等での作業は、届かない箇所や塗りにくい箇所が必ず出てきます。 足場があれば難なく濡れる箇所も、はしご等で行うと作業範囲が限られてしまいます。 足場があれば丁寧に仕上げられる箇所も、塗りにくい・手が届かないという理由で、 適当に仕上げられてしまいます。 また、はしご等で行う塗装は非常に手間がかかります。 どう頑張っても塗ることができなければ、 二回塗りで終わらせてしまったり、高圧洗浄なども十分にされなかったりするなど、 ただでさえ手抜き工事が多い塗装業界においては、 充分な塗装工事がされないリスクが非常に高くなります。 加えて、工事完成後の点検等も、離れた場所からの目視確認だけで終わってしまうので、 見落としが増えてしまいます。 しっかりとした塗装を行うには、足場の設置は欠かすことができない重要な工程の一つです。   3.作業効率の向上 足場の設置は、作業効率の向上に大きく係わってきます。 作業効率の低下は工期の延長にも繋がり、お客様はもちろん、 塗装業者にも負担が大きいものになってしまいます。 例として、足場を設置せず、はしごで塗装工事を行った場合のリスクをご紹介します。   まず初めに、塗装を始める箇所にはしごを設置し一番上まで上がっていきます。 この際、片手には塗料の缶や道具を持っていくので、 片手ではしごを上っていくことになります。 はしごを登り切った後、屋根の上で塗装を始めます。 足場を設置していないため、屋根の周りには身体を支えるものはありませんし、 支えるものを設置することもできません。 足元が不安定な中、塗装を行う際には、 片手に缶、もう片手にはローラーやハケなどの道具を持つので、 支えが全く無い手放し状態のまま、塗装を行います。 最初に塗る箇所が終われば、片手に缶や道具を持ったまま、 再び片手で地上まで降ります。 そして、はしごを掛け直し、片手に缶や道具を抱え、 片手ではしごを上っていきます。   いかがでしょうか? 通常、二階建ての一般住宅は屋根までの高さは6m~8mと言われています。 その高さを片手ではしごを使って登ったり、 屋根の上で支えが無い状態で作業をしたりするのは、 ケガや死亡事故などのリスクが非常に高くなります。 屋根が急勾配の場合は、それ以上に危険です。 また、塗る箇所を移動する際の昇り降りも、非常に時間が掛かってしまうことに加え、 安定しない場所での作業からくる恐怖心などで、作業スピードも大幅に低下してしまいます。 このような作業を繰り返して、住宅をぐるりと一周塗り上げるとなると当然、 作業効率は足場を設置した時の倍以上、低下してしまいます。 塗装工事では、安全面も考えることが、 作業効率に大きく関わってくるのが分かって頂けたと思います。 作業効率の向上には足場の設置は必要不可欠といえるでしょう。   4.お客様・近隣の方々への配慮 塗装工事では足場の他に、メッシュシートを掛けます。 そのおかげで、お客様や近隣の方々とのトラブルの発生を未然に防ぐことができます。 塗装工事の際には、必ず高圧洗浄という工程を行います。 高圧洗浄は、高圧洗浄機で水を吹きかけ、屋根や外壁に着いている汚れや以前の塗膜などを 綺麗に剥がし、新たに塗る塗料を密着させやすくする役割があります。 そのため、高圧洗浄では汚れた水のしぶきや、剥がした塗膜の飛散等が起こります。 その飛散を防止する対策として、足場を掛けることが重要となってきます。 足場がない場合、飛散した汚れた水やゴミなどが、 隣接する建物や住宅の屋根・外壁だけではなく、 近隣住民の自動車や庭先の観葉植物、現場周辺の歩行者などに かかってしまう問題が発生してしまいます。 余計なトラブルは作業効率の低下にも繋がります。 トラブルを避けるためにも、どの塗装工事においても足場を立て、 飛散防止のシートを掛けることが大切です。 トラブルを未然に防ぐことで、お客様やご近所の方々も安心して 生活することができます。   以上の内容を書かせていただきました。   おわりに   いかがでしたでしょうか? まだまだ記事は書いていませんが、一番にお伝えしたいことは 屋根・外壁への塗装は 家を長持ちさせるための重要なカギ ということです。 これまでのブログでもお伝えしましたが、 屋根・外壁への塗装は 劣化を遅らせることはできますが、 完全に防ぐことはできません。 なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は 定期的にメンテナンスを行うことを 心がけましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。 2020年09月29日 更新

塗装のマメ知識

【9月27日折込】チラシ情報

皆様こんにちは。 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは! 涼しい夜が続き、秋がやってまいりましたね! イエガードでは、 9月15日にタカカツグループが65周年を迎えるということで、 本日から10月末までの限定特価チラシを折込しております。 あの高品質塗料「ハイブリット無機塗料」が、 65周年価格で、65万円(税抜)と、 大変お得になっております。 詳しくは、折込チラシをご覧ください!       初回限定で、WEBから来店予約をしていただいたお客様には、 1,000円分のクオカードをお見積り提出時にお渡し致します! 来場予約は、 下のURLをクリック! https://www.ieguard-takakatsu.com/showroom/#form 皆様のお電話・ご来店、 お待ち申し上げております。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー お客様各位 平素は弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 現在発生している新型コロナウイルス感染症への 予防対応につきまして下記の対応を実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。 【スタッフの感染予防】 • 出勤した際や外出から戻った際は、手洗い・うがい・消毒を徹底しております。 • 従業員は毎朝体温計測をし、37.5℃以上の平熱よりも高い場合は、 自宅待機とさせていただいております。 【店内の感染予防】 • 店舗入り口に手指消毒液を設置して、手指の消毒をお願いしております。 • 手に触れやすい場所(テーブルやイスなど手に触れる可能性が高い場所)は、 お客様をお迎えする前後に消毒・除菌を致します • ご予約を頂いたお客様の隣に、他のお客様が座ることがないように、 なるべく離れた席をご用意致します。 • お客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮し、 スタッフがマスクを着用でご案内させて頂く場合があります。 ※ご来店前日、当日に体調が悪い場合、ご無理なさらずご予約のキャンセルをしてください。 ※日程変更につきましては、体調が完全に良くなられた時で構いませんので、 再度日程の調整をさせていただけたらと思います。 拡散防止をするため「咳エチケット」にご協力ください。 お客様自身、お客様のご家族、大切な方を「感染」から守るためにご協力をお願いいたします。 お客様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。 新型コロナウイルス感染症の影響を注視しながら取り組んでまいりますので、 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、遠田郡の 屋根・外壁塗装なら イエガードへお任せ! お問合せ:0800-800-7869 お見積り依頼は こちら 皆様のご来場お待ちしております!! 2020年09月28日 更新

チラシ情報

定休日変更のお知らせ

  拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は当店をご利用頂き誠にありがとうございます。   当店では、これまで水曜日を定休日としてまいりましたが、 2020年9月15日より、火曜日・水曜日を 定休日とさせていただくこととなりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。   敬具   記   ■変更日時 2020年9月15日より ■新定休日 火曜日・水曜日   これからもイエガードをよろしくお願い申し上げます。 2020年09月08日 更新

お知らせ

【塗装のマメ知識】8月号 『屋根の台風対策 瓦屋根の葺き替え』などについて|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

【8月11日(火)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m   屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。 屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「屋根の台風対策 瓦屋根の葺き替え」について ご紹介致します!   台風は、気象庁が出している『台風の統計資料』*¹によると、 日本では8~9月に多く発生・上陸するとされています。 そして、内閣府が出している『災害情報』では、 令和元年に上陸した台風第19号等によって引き起こされた住家被害は、 宮城県で全壊302棟、半壊2,997棟*²と記録されています。   また、屋根は建物の中でも特に劣化が激しい部分です。 特に、施工してから長い年月が経過している建物の場合は、 台風やそれに伴う大雨での被害に注意が必要です。   瓦屋根は明治時代~昭和初期まで、「土葺き」と呼ばれる 大量の土で瓦を固定する工法が主流でした。 かなりの重量があるため、地震や台風対策として優れた工法と言われていました。   しかし、技術的に難しいことと、土が経年劣化で痩せると瓦がズレたり、 ズレたことで雨漏りの原因になってしまうことから、 現在はほとんど使われない工法となっています。   もし、ご自宅の瓦屋根がこの工法で施工されたものならば、 早急に専門業者へ相談・点検してもらうようにしましょう。   近年に施工された瓦屋根のお家にお住まいの方も、 台風が本格的に上陸する前のこの時期にご相談してみましょう!   今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     *¹国土交通省 気象庁 台風の平年値 https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/average/average.html   *²内閣府 防災情報のページ 災害情報  令和元年台風19号等に係る被害情報等について http://www.bousai.go.jp/updates/index.html#h31     1.瓦屋根の特徴   まずは瓦屋根の基本的な特徴を知りましょう!   瓦屋根は一般的に日本瓦と呼ばれる粘土瓦などを敷いている屋根で、 日本では古くからある屋根の種類です。 この屋根に使われる瓦は、主に4つの性能に優れています。   ①耐久性 …紫外線などによる色の変化がほとんどなく、  スレートや金属屋根に比べ、非常に耐久性能が高い。   ②防音性 …激しい雨音や外部の騒音を、ほとんどお家に響かせない。   ③耐火性 …高温で焼成されたため、火事などの火に強く屋根からの延焼を防ぐ。   ④快適性  …熱を伝えにくいため、夏は涼しく冬は暖かく過ごせる。     種類にはよりますが、瓦自体は耐久年数が約50~60年と言われています。 スレート屋根が約20~25年、金属屋根が約30~50年と言われているので、 屋根材の中では耐久年数が最も長いです。   初期費用は他の屋根より比較的高くなりますが、 瓦自体が基本的に塗装が不必要で、部分的な葺き替えが可能なため、 その後のメンテナンス費用は比較的抑えることができます。   また、瓦屋根では瓦を固定する際には、 主に「漆喰」と呼ばれる白い塗り物を使用します。   漆喰は時間が立つほど強固で頑丈になっていく性質を持っており、さらには、 冬場の乾燥、夏の湿気を防ぐので、お家を快適にしてくれます。   漆喰は棟(屋根のてっぺん)部分や壁際なども固定できますが、 近年では屋根の軽量化やメンテナンス性を重視し、 漆喰などを使わない工法も主流になってきているそうです。   瓦屋根は日本の四季の温度変化に強いため、 まさに日本の風土にあった屋根といえるでしょう。   瓦屋根は沢山メリットもありますが、もちろんデメリットもあります。   瓦屋根は屋根の種類の中でも、最も重量のある屋根材であり、建物全体にかかる負荷が 大きくなるため、他の屋根よりも耐震性は低いと言われています。 また、台風や地震によって、瓦が落下し割れてしまうなどの危険性もあります。   ですが近年では、瓦の軽量化や耐震性の向上など、瓦屋根の性能が改善されてきています。   瓦屋根も含め様々な屋根には一長一短がありますので、 ご自身の考えに合った屋根を選択していきましょう!   2.瓦屋根の劣化症状   次は瓦屋根の劣化症状を知りましょう!   瓦屋根のお家にお住いの方は、   ・自宅の瓦屋根がどんな状態なのか? ・葺き替え・葺き直しが必要なのか?   などをぜひ確認してみましょう!   瓦屋根の劣化症状は主に4つあります。   ①カビ、コケ、藻 ②ズレ、浮き、割れ ③たわみ、歪み ④棟瓦、漆喰の崩れ   それぞれの劣化症状を詳しく見ていきましょう!   ①カビ、コケ、藻 他の屋根でも見られる劣化ですが、瓦屋根でも雨や湿気などにより、 カビやコケ、藻が発生してしまいます。   これらの劣化症状自体は、瓦本体や屋根の耐用年数に大きな影響を与えることはありません。 基本的に高圧洗浄で洗い流すだけで充分綺麗になります。   ですが美観的によくありませんので、定期的にお手入れをしましょう。   洗浄作業は2階建ての場合、地上から約6m以上高いところでの作業が必須となります。 この高低差のある所で、ご自身で洗浄しようとすると、 ケガや事故が発生する可能性が非常に高く、大変危険が伴われます。 したがって、屋根を確認したり洗浄したりするために、 屋根に上るのは絶対にやめましょう。   カビやコケ、藻が気になり始めましたら、屋根・外壁専門の業者に相談・依頼するか、 外壁塗装を行うタイミングで屋根の洗浄も一緒に依頼するようにしましょう。   ②ズレ、浮き、割れ ズレや浮き、割れを発見したら直ちに専門業者へ相談・依頼しましょう。   瓦は非常に強度が高く簡単に割れるものではありませんが、 これらの症状は地震や台風での落下、飛来物の衝突などが原因で起こります。   ズレは瓦の劣化の中でも最も多い症状と言われており、 ズレから他の劣化が始まることが多いです。   近年では地震や台風に強い瓦屋根もありますが、 年数が経過している瓦屋根は現在のものより耐性が低いため、 ズレや浮き、割れの発生する可能性が高いので、特に注意が必要です。   また、ちょっとした割れでも、後々大きな劣化に繋がり、 被害が屋根の広範囲に及んでしまう可能性もあるので、特に注意しましょう。   これら状態のまま放置してしまうと雨漏りに繋がるので、早めの補修が必要です。 部分的な劣化の場合、瓦1枚単位での差し替え工事が行えますが、 広範囲での劣化の場合、瓦を全部取り換える必要が出てくるので、 費用が高くなってしまいます。   最近では葺き替え工事で、瓦よりも重量が軽い スレートや金属屋根にする住宅も増えているそうです。   ですが、既存の屋根が瓦屋根の場合は、葺き替え工事のみの施工となり、 カバー工法(既存の屋根に新しく屋根材を載せる工法)は 施工が出来ませんので注意しましょう。   ③たわみ、歪み たわみとは屋根の重さで下地等がたるんでしまうことを言います。 本来、家の軒先は直線でなければなりません。 瓦の重さが原因で、軒先が緩やかな曲線を描くようにたるんでしまいます。 軒先のたるみは、屋根材の間に隙間を発生させてしまうため、瓦のズレ等にも繋がり、 雨漏りや下地等の腐食の危険性が高まるので、早期解決が必要です。   また、歪みも瓦屋根の重さからくる劣化症状です。 屋根の面が波を打つように歪んでいると、瓦を支えている下地(野地板、柱)が、 歪んで落ち込んでしまっている可能性が高いです。 柱などに負荷が掛かっている状態なので、地震が起きた際には、 柱本来の耐震強度を発揮できない恐れがあります。   屋根の歪みも雨漏りの原因になりますが、 窓やふすま、ドアなどの立て付けも歪ませてしまいます。   たわみ、歪み共に比較的軽度な症状ですと軽度な補修工事で済みますが、 症状がひどいようですと葺き替え工事と言った大掛かりな工事が必要になります。   信頼のできる専門業者とご相談をしていただき、 どのような工事をするべきかをお考え下さい!   ④棟瓦、漆喰の劣化 瓦屋根では、瓦だけではなく棟瓦、漆喰も劣化症状がでます。 棟瓦は瓦屋根の頂上部分にある瓦のことで、 屋根の結合部分にあるので雨水を受け流し、 家に侵入することを防ぐ役割があります。   漆喰では劣化症状として、ひび割れ、欠けが発生します。   漆喰は劣化が進行すると、地震の揺れなどでひび割れが発生します。 さらにひび割れが進行すると、漆喰が欠けてきてしまいます。   漆喰のひび割れや欠けを放置してしまうと、雨水が入り雨漏りの原因になったり、 欠けた漆喰が雨どいに詰まり水はけが悪くなってしまう場合があります。   瓦屋根の漆喰はメンテナンスを繰り返し行えば長く使用できます。 瓦の補修をするタイミングで漆喰も補修などを行うようにしましょう   棟瓦では劣化症状としてズレ、歪みが発生します。   棟瓦の下にある漆喰が経年劣化で痛んでいたり、大きな地震や台風などの影響で、 ズレや歪みが発生してしまいます。 この場合は、棟瓦の積み直しが必要になります。   屋根は雨風や直射日光に晒され続けているため、 時間とともに劣化し崩れてしまいます。   漆喰のひび割れや欠け、棟瓦のズレや歪みを放置すると、 瓦の落下の危険性もありますので、 点検で劣化が見つかったら補修工事を行いましょう。   3.瓦屋根の葺き替え   瓦屋根の葺き替え・葺き直しは約20年毎を目安に行うと、 家全体を長持ちさせられます。 このメンテナンスサイクルは、 屋根の下地に使われるルーフィングの性能が大きく関わってきます。   実は、雨漏りを防いでいるのは屋根材ではなく、 ルーフィングが効果を発揮しているおかげなのです。 屋根材自体は完全に雨の侵入を防いではくれません。 ルーフィングは防水効果があるため、 屋根の隙間から入った雨水を外へと受け流すように屋根の下地として敷くことで、 内部に雨水を侵入させないようにしています。   このルーフィングは耐久年数が約20年とされています。 そのため、瓦が約50~60年使えても、下地のルーフィングが約20年なので、 メンテナンスは約20年毎を目安に行う必要があるのです。   20年以上経過した状態のルーフィングを使い続けていると、 雨漏れが発生する可能性が非常に高くなります。   また、日本ではちょうどこの時期の8~9月にかけて、 台風が最も多く発生・上陸します。 台風のような非常に強い雨風くると、 お家で雨漏れが発生する可能性がますます高くなります。   そのためにも、昔から瓦屋根を使用したお家にお住まいの方は、 台風が来る前に屋根の点検、メンテナンスなどを行うようにしましょう!   最後に   いかがでしょうか?   日本では、まさにこの時期である8月~9月に 最も多く台風が発生・上陸すると言われております。 本格的に台風が上陸する前に、ご自宅の状況について、 屋根・外壁塗装専門店にご相談してみてはいかがでしょうか?   特に瓦屋根のお家にお住まいの方は、年数が経過しているのであれば 台風の影響を強く受けてしまう可能性がありますので、ぜひご検討ください!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【8月25日(火)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のおはなし   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間ですm(__)m 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への予防対応につきまして、 スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。 屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「イエガード」についてご紹介していきたいと思います! これまでは塗装についてご紹介してきましたが、今回からは   「イエガードはどんな会社なのか?」 「お客様にどのような流れで塗装について説明していくのか?」   などにも触れていきます!   今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     イエガードについて 【イエガードのコンセプト】 大切なイエを守る 屋根・外壁塗装専門店   イエガードはタカカツグループとしてのプライドを持って、 信頼と安心できる塗装工事をご提供してまいります。 そのため、「お家の耐久性を高め大切な資産を守る」 というテーマを大切にした外壁・屋根の調査診断、塗料提案、 アフターメンテナンスを行います。 また、塗装職人の腕が良い・技術力が高いことはもちろん、 最新の塗料をいち早く取り入れる事、工事中の管理体制の強化、 工事後の定期的な点検の実施によって、お客様により高品質で、 後悔しない塗装工事をご提供しています。   【塗装のご提案方法】   ①劣化診断 お見積りを提出させていただく際には、劣化診断も提出いたします。 イエガードのスタッフが現場調査にて、 ご自宅の状況を確認させていただきます。 様々な視点からご自宅を診断し、隅々までチェックします。 こちらの診断は無料で行います!     ●劣化診断の流れ 1.ヒアリング ご自宅の劣化状況や内部構造、過去に補修を行ったかなどをお聞きします。   2.訪問診断 こだわりの診断方法で、入念にご自宅の状態をチェックいたします。   3.報告書提出 写真とコメントをお付けした報告書で、わかりやすく丁寧にご報告いたします。   4.お見積り 調査結果とご要望から使用する塗料を決定します。 お客様一人ひとりに最適な施工プランをご提出いたします!   ●劣化診断の一例 【外壁】 打診棒で外壁の塗料の浮きなどを見つけ、ヒビの幅や形状を測定します。 その他にも剥離、コーキング劣化、漏水箇所などを隅々までチェックします。   【屋根】 劣化や汚れ具合を写真撮影します。普段見ることができない箇所なので、 イエガードのスタッフが責任を持って現状を細かくお伝えします!   【付帯】 見落としがちな雨どいの中や軒天などもしっかりチェックします!   さらに細かくチェック! 【目地の細かなヒビ】 目視と接触でコーキングの劣化状況を確認し、 サッシ周りなども見逃さずチェックします!   【基礎部のヒビ割れ】 建物と地盤を固定し支える重要な部分である基礎もチェックします! ここがヒビ割れると、建物の歪み・傾きに繋がります。 コンクリート内部にある鉄筋は酸や湿気に弱く、強度低下の原因にもなります。   【塗膜のハガレ】 塗膜が剥離すると、下地が紫外線や雨の影響を直接受けてしまいます。 鉄部などの塗膜のハガレも入念にチェックします。   ②カラーシミュレーション 打ち合わせの内容に基づいた施工プランのご提案に加え、 カラーシュミレーションも一緒に実施します。 実際に現場調査などで撮影したご自宅の写真を使用して、 色を変えた時のイメージを見ることができます。 自分の好みの色、ご近所の家と調和する色、個性的な色など 様々なパターンをご提案いたします。 注意点といたしまして、パソコンなどのモニターで色を確認していただくので、 光の加減の影響で実際に塗装した際の色と若干のズレがあります。 カラーシミュレーションはあくまで塗装した時の色のイメージのご確認となります。 ご了承ください。     まとめ   今回はイエガードについてご紹介しました。   現在、屋根・外壁の塗装専門店は数多く存在します。 どんなお店に塗装を頼みたいか どのお店が信頼できるのか、 というのはお客様自身で選択できます。   そのお客様が信頼できる相手としてイエガードを選んでいただき、 このブログを通して少しでも、タカカツグループの屋根・外壁塗装専門店イエガードのことを 知っていただければ嬉しいです!   ご自宅の塗装について気になったことや、 少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【8月31日(月)更新!!】   大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード  新入社員の赤間です(^-^)   屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 現在発生している新型コロナウイルス感染症への 予防対応につきまして、スタッフ・店内の感染予防のため、消毒・除菌などを実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。   また、私達屋根・外壁塗装専門店イエガードでは タカカツグループ創業65周年を記念して、 2020年8月23日~10月31日までの期間限定で、 ハイブリット無機塗料を大変お得な価格で提供させていただいております! ↓詳しくは、こちらのチラシ情報をご覧ください↓ https://www.ieguard-takakatsu.com/blog/17284/   屋根・外壁塗装専門店イエガードへのお電話・ご来場、お待ちしております!!   さて! 今回は「下塗り」についてご紹介致します! 屋根・外壁塗装工事では、『下塗り』と呼ばれる工程が必ずあります。 実際に屋根・外壁塗装工事の見積書の項目では、 『下塗り』又は『下塗り塗料』と書いてあります。   今回のこのブログをご覧になり、   「下塗りとはどんな工程なのか?」 「なぜする必要があるのか?」   などを知るだけでも、塗装工事をスムーズに進めることができます!   今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     1. 下塗りとは 塗装工事は下塗り・中塗り・上塗りの重ね塗り(又は3回塗り)と呼ばれる、 屋根・外壁への塗装を複数回に分けて行う作業が基本となっています。 その塗る作業の一番初めに行う作業が『下塗り』です。   重ね塗りは、すべての工程で同じ塗料を使用する訳ではなく、 下塗りと中塗り・上塗りで使用する塗料は、それぞれ別の塗料を使用します。   下塗りで使用する塗料は一番下に塗る(屋根・外壁材に直接塗る)塗料のため、 白や透明な色が多いです。 中塗り・上塗りで使用する塗料は、基本的に同じ塗料を使用します。 仕上がった時の色がそのまま表面にでるので、様々な色のバリエーションがあります。   下塗りは塗装を行う上で、最も重要な作業です。 屋根・外壁塗装専門店イエガードでも、高圧洗浄後、下塗りを重点的に行っています。   長い間、雨風や紫外線などにさらされた屋根や外壁は、 場合によっては素材そのものが痛んでいる事があります。 それらを修復するのが下塗り材です。 中塗り・上塗りの塗装仕上がりも劇的に変わります。   次の項目から下塗りの具体的な役割について見ていきましょう!   2. 下塗りの役割 塗装工事における下塗りは、主に4つの役割があります。   ①屋根・外壁面と中塗り・上塗り塗料を密着させる 中塗り・上塗り塗料のみだと、塗料がしっかりと密着しません。   密着しなければ、劣化の進行が進みやすくなり、 塗膜が耐久年数よりも格段に速く剥がれてしまうため、 塗装をした意味が無くなってしまいます。   そのため、しっかりと下塗りをすることで、剥がれにくくなり、塗料本来の効果を発揮できます。   ②塗料の吸い込みを防ぐ 建物の外壁材によっては、塗料を吸収しやすい素材で出来ている場合があります。   下塗りをせず外壁材に直接、中塗り・上塗りをしてしまうと、 外壁材が塗料を吸収し塗料の密着性や耐久性が低下し、 余計な塗料を消費してしまいます。   その分、余計なコストも掛かってしまうので、 外壁材に中塗り・上塗り塗料が吸収されないためにも、 下塗りをしっかりと行う必要があります。   ③下地の色を隠す 下塗りは下地、つまり屋根・外壁そのものの色を隠すことができます。 そのため、思い通りの色を塗装することも可能です。   例えば、下地の色が『黒』でも、下塗り、中塗り・上塗り塗料を『白』にすることで、 屋根・外壁の色を白色にできます。   屋根・外壁の色を好きな色に変えたい時にも、下塗りは必須であると言えます。   ④さび止めをする 金属系の屋根・外壁材の場合、下塗りではサビ止めの塗料を使用します。   金属は性質上、サビは必ず発生してしまいます。 そのサビをできるだけ防ぐためにはさび止めの下塗りが必須となってきます。   3. 下塗りの重要性   ①塗料本来の効果を十分に発揮させる 下塗りは、高圧洗浄や下地処理などで屋根・外壁の表面を整えてから行います。 屋根・外壁材に直接塗るものなので、塗装面の凸凹や細かい穴、ひび等を埋め、 キレイに整える役割も持っています。   もし、下塗りをせず、直接中塗り・上塗りをしてしまうと、 塗装面の凸凹に塗料が入り、細かい穴やひび等が目立ってしまいます。   そうすると、見栄えも悪くなり、塗料本来の効果が低下してしまいます。 塗料本来の効果を発揮するためには、下塗りが最も重要になってきます。   ②中塗り・上塗りの仕上がりは下塗りで決まる 上から重ねて塗っていく中塗り・上塗りの塗料を、 しっかりと屋根・外壁の塗装面に密着させるように、 傷んだ屋根・外壁を補修させる役割があります。   下塗りに塗りムラがある、一定の量が塗られていないなど、 下塗りの塗料が剥がれやすい状況である場合、 中塗り・上塗りで良い塗料を使用しても、 中塗り・上塗りの塗料が剥がれやすくなってしまいます。   そうなってしまうと、約10年以上の耐久年数を持つ塗料でも、 塗装してから数年で剝がれてしまいます。   手直しをする費用や時間を考えると、下塗りは塗る作業の中でも最も重要であると言えます。   最後に   いかがでしょうか? 塗装工事では下塗りが重要であり、無くてはならない工程だと言えます。 塗装専門店から見積書を受け取った際には、   ・「下塗り」等の工程が詳しく記載してあるか? ・塗装工事の詳細に、しっかりと「下塗り」等が含まれているか?   などをご自分で確認するか、信頼のできる塗装専門店にご相談してみましょう!   これから塗装工事をお考えの方は、信頼のできる屋根・外壁塗装専門店に相談し、 不安を無くした状態で、塗装工事を依頼しましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください!   また、現在、私達屋根・外壁塗装専門店イエガードでは タカカツグループ創業65周年を記念して、 2020年8月23日~10月31日までの期間限定で、 ハイブリット無機塗料を大変お得な価格で提供させていただいております! ↓詳しくは、こちらのチラシ情報をご覧ください↓ https://www.ieguard-takakatsu.com/blog/17284/   イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。   オマケ   今回はおまけとして、現在イエガードのチラシに打ち出し中の 「ハイブリッド無機塗料」について、少しだけご紹介します! 「ハイブリッド無機塗料」がどんな塗料なのか簡単に知るだけでも、 チラシや見積もり書の見方が変わってきます。 ぜひ、ご覧ください!   1.ハイブリット無機塗料とは?   セラミックやケイ素などの無機物を主成分にしており、 寿命の長く他の塗料と比較しましても高い耐候性を誇る塗料です。 無機物は紫外線などにさらされても劣化が起こりにくい性質があり、 この性質を塗料に取り入れることで、15年以上の耐候性があります。   アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などの樹脂が有機塗料にあたり、 塗膜の基本性能は樹脂によって大きく左右されてしまいます。 色褪せやチョーキング(外壁を触ると色素が手に付着する現象)などの 塗膜の劣化現象は、この有機物が原因となり発生するのです。   一方、無機塗料は、鉱物など自然物(炭素を含まないもの)を 主成分とした樹脂を使用していますので、 高い耐候性と低汚染性を兼ね備えています。 例えば、紫外線に強く劣化しにくい耐候性の高い塗膜を形成することが可能です。   実は、無機物100%使用して塗料を作ることができれば塗装後、 数十年間、塗り替えなしで行くことができます。   ですが、無機物のみの塗料では固すぎて塗料としては使用することができないので、 無機物の耐久性を活かした状態で有機物を混合させて作った塗料、 それが、「ハイブリット無機塗料」になります。   無機物がどれくらいの量含まれていたら無機塗料というのかという定義は特にありません。 そのため、少しでも無機物が含まれていればハイブリット無機塗料と 呼ばれていることがありますので、十分注意してください。   2.ハイブリット無機塗料の特徴   イエガードで、イチオシのハイブリット無機塗料は、 「MUGA(ムガ)」 という塗料です。 MUGAの特徴は、以下の通り、   ①期待耐久年数15~18年  劣化しにくい無機物に、有機物を合わせることで、塗膜が通常の無機よりも伸び縮みするので、 割れやすいシーリング上部にも施工可能になっています。   このMUGAは無機の耐久性を生かしたまま、塗膜のひび割れを抑えることができ、 無機塗料と相性が悪かった外壁への塗装が可能です。   ②超耐候性 紫外線や雨水、気温変化等による塗膜の変色や劣化が起こりにくいため、 建物を長期間保護できます。   ③超低汚染性 外壁に付着した汚染物質を雨水が流し落とす性質があるので、建物が汚れにくくなります。   ④防藻・防カビ性 美観や健康を損なう可能性のある藻やカビの発生をシャットアウト   ⑤取り扱えるお店が少ない 大崎市ではイエガードだけが取り扱っております!   最後に   ここまでブログをご覧いただき誠にありがとうございます。   現在、私達屋根・外壁塗装専門店イエガードでは タカカツグループ創業65周年を記念して、 2020年8月23日~10月31日までの期間限定で、 ハイブリット無機塗料を大変お得な価格で提供させていただいております! ↓詳しくは、こちらのチラシ情報をご覧ください↓ https://www.ieguard-takakatsu.com/blog/17284/   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。   2020年08月31日 更新

塗装のマメ知識

【8月23日折込】チラシ情報

皆様こんにちは。 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こんにちは! 暑い夏がやってきましたね! イエガードでは、 9月15日にタカカツグループが65周年を迎えるということで、 本日から10月末までの限定特価チラシを折込しております。 あの高品質塗料「ハイブリット無機塗料」が、 65周年価格で、65万円(税抜)と、 大変お得になっております。 詳しくは、折込チラシをご覧ください!       初回限定で、WEBから来店予約をしていただいたお客様には、 1,000円分のクオカードをお見積り提出時にお渡し致します! 来場予約は、 下のURLをクリック! https://www.ieguard-takakatsu.com/showroom/#form 皆様のお電話・ご来店、 お待ち申し上げております。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー お客様各位 平素は弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 現在発生している新型コロナウイルス感染症への 予防対応につきまして下記の対応を実施しております。 ご来場の皆様におかれましても、感染予防へのご協力をお願いいたします。 【スタッフの感染予防】 • 出勤した際や外出から戻った際は、手洗い・うがい・消毒を徹底しております。 • 従業員は毎朝体温計測をし、37.5℃以上の平熱よりも高い場合は、 自宅待機とさせていただいております。 【店内の感染予防】 • 店舗入り口に手指消毒液を設置して、手指の消毒をお願いしております。 • 手に触れやすい場所(テーブルやイスなど手に触れる可能性が高い場所)は、 お客様をお迎えする前後に消毒・除菌を致します • ご予約を頂いたお客様の隣に、他のお客様が座ることがないように、 なるべく離れた席をご用意致します。 • お客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮し、 スタッフがマスクを着用でご案内させて頂く場合があります。 ※ご来店前日、当日に体調が悪い場合、ご無理なさらずご予約のキャンセルをしてください。 ※日程変更につきましては、体調が完全に良くなられた時で構いませんので、 再度日程の調整をさせていただけたらと思います。 拡散防止をするため「咳エチケット」にご協力ください。 お客様自身、お客様のご家族、大切な方を「感染」から守るためにご協力をお願いいたします。 お客様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。 新型コロナウイルス感染症の影響を注視しながら取り組んでまいりますので、 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、遠田郡の 屋根・外壁塗装なら イエガードへお任せ! お問合せ:0800-800-7869 お見積り依頼は こちら 皆様のご来場お待ちしております!! 2020年08月23日 更新

チラシ情報