最新情報塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 最新情報 > 塗装のマメ知識

塗装のマメ知識の記事一覧

【塗装のマメ知識】6月前半号 『イエガードとは?』などについて|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

【5月25日(月)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のおはなし    こんにちは!  大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です!(^^)!  現在、屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、  毎週火、木曜日は縮小営業中となっております。  上記の曜日で、屋根・外壁の塗装などについてご相談したいことがあるお客様は、  ぜひ、屋根・外壁塗装専門店イエガードにお電話ください!!  お電話お待ちしております!!      さて! 今回から新たにブログを書かせていただきますが、  本日は「イエガードについて」ご紹介していきたいと思います!  これまでは塗装についてご紹介してきましたが、今回からは  「イエガードはどんな会社なのか?」  「お客様にどのような流れで塗装について説明していくのか?」  などにも触れていきます!    今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、  自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     イエガードについて   【イエガードのコンセプト】 大切なイエを守る 屋根・外壁塗装専門店  イエガードはタカカツグループとしてのプライドを持って、  信頼と安心できる塗装工事をご提供してまいります。  そのため、「お家の耐久性を高め大切な資産を守る」  というテーマを大切にした外壁・屋根の調査診断、塗料提案、  アフターメンテナンスを行います。  また、塗装職人の腕が良い・技術力が高いことはもちろん、  最新の塗料をいち早く取り入れる事、工事中の管理体制の強化、  工事後の定期的な点検の実施によって、お客様により高品質で、  後悔しない塗装工事をご提供しています。     【塗装のご提案方法】  ①劣化診断  お見積りをする前に必ず劣化診断を行います。   イエガードのスタッフが現場調査にて、   ご自宅の状況を確認させていただきます。   様々な視点からご自宅を診断し、隅々までチェックします。   こちらの診断は無料で行います!      ● 劣化診断の流れ  1.ヒアリング   ご自宅の劣化状況や内部構造、過去に補修を行ったかなどをお聞きします。    2.訪問診断   こだわりの診断方法で、入念にご自宅の状態をチェックいたします。    3.報告書提出   写真とコメントをお付けした報告書で、わかりやすく丁寧にご報告いたします。    4.お見積り   調査結果とご要望から使用する塗料を決定します。    お客様一人ひとりに最適な施工プランをご提出いたします!    ●劣化診断の一例  【外壁】   打診棒で外壁の塗料の浮きなどを見つけ、ヒビの幅や形状を測定します。    その他にも剥離、コーキング劣化、漏水箇所などを隅々までチェックします。    【屋根】   劣化や汚れ具合を写真撮影します。普段見ることができない箇所なので、    イエガードのスタッフが責任を持って現状を細かくお伝えします!    【付帯】   見落としがちな雨どいの中や軒天などもしっかりチェックします!    さらに細かくチェック!  【目地の細かなヒビ】   目視と接触でコーキングの劣化状況を確認し、    サッシ周りなども見逃さずチェックします!    【基礎部のヒビ割れ】   建物と地盤を固定し支える重要な部分である基礎もチェックします!    ここがヒビ割れると、建物の歪み・傾きに繋がります。    コンクリート内部にある鉄筋は酸や湿気に弱く、強度低下の原因にもなります。    【塗膜のハガレ】   塗膜が剥離すると、下地が紫外線や雨の影響を直接受けてしまいます。    鉄部などの塗膜のハガレも入念にチェックします。    ②カラーシミュレーション   打ち合わせの内容に基づいた施工プランのご提案に加え、   カラーシュミレーションも一緒に実施します。   実際に現場調査などで撮影したご自宅の写真を使用して、   色を変えた時のイメージを見ることができます。   自分の好みの色、ご近所の家と調和する色、個性的な色など   様々なパターンをご提案いたします。   注意点といたしまして、パソコンなどのモニターで色を確認していただくので、   光の加減の影響で実際に塗装した際の色と若干のズレがあります。   カラーシミュレーションはあくまで塗装した時の色のイメージのご確認となります。   ご了承ください。     まとめ  今回はイエガードについてご紹介しました。  現在、屋根・外壁の塗装専門店は数多く存在します。  どんなお店に塗装を頼みたいか  どのお店が信頼できるのか、  というのはお客様自身で選択できます。  そのお客様が信頼できる相手としてイエガードを選んでいただき、  このブログを通して少しでも、タカカツグループの屋根・外壁塗装専門店イエガードの  ことを知っていただければ嬉しいです!   ご自宅の塗装について気になったことや、 少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください!   イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【6月2日(火)更新!!】   大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識    こんにちは!  大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です!(^^)!  現在、屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、  毎週火、木曜日は縮小営業中となっております。  上記の曜日で、屋根・外壁の塗装などについてご相談したいことがあるお客様は、  ぜひ、屋根・外壁塗装専門店イエガードにお電話ください!!  お電話お待ちしております!!    さて!  今回のまめ知識は外壁の代表的な劣化症状の一つである  「チョーキング現象(白亜化現象)」について  簡単にご紹介いたします!  チョーキングとは外壁の塗膜が劣化してきている証拠であり、  塗り替えが必要だというサインでもあります。  どのような劣化で、何が原因で起こってしまうのでしょうか?  今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、  自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     チョーキング現象とは?    ご自宅の壁に触れたときに、白い粉のような物が手に付いたことはありますか?  これは外壁が汚れているのではなく、「チョーキング現象」と呼ばれる  外壁の劣化現象であり、外壁の塗膜が劣化しているというサインでもあります。  別名、白亜化(はくあか)現象と呼ばれており、外壁の劣化現象の中でも  初期段階で出てくる症状です。  この現象は経年劣化や施工不良などの理由で発生し、雨や紫外線によって  塗膜の効力が落ちてきている時に起こる現象です。  なので、外壁材の種類に係わらず発生する劣化現象といわれています。   チョーキング現象が発生する原因    チョーキング現象はご自宅の立地条件にもよりますが、  経年劣化では約10年前後で起こります。  しかし、施工不良の場合は約1~3年で起きてしまいます。  具体的な理由としては下記の場合が挙げられます。    【経年劣化】  ・紫外線が当たりやすい場所にお家がある場合  ・海岸近く潮風などによる塩害を受けやすい場合    【施工不良】  ・立地条件や使用条件に合わない塗料で塗装した場合  ・塗装の際、塗料をしっかり混ぜずに施工した場合    条件によって違いはありますが、塗膜というものはどんどん劣化していきます。  劣化の初期段階であるチョーキングが発生した時点で、塗装のメンテナンスを  行えば、最小限で劣化を抑えられ、余計な費用をかけずに済みます。  外壁に係わらず、ご自宅の塗装は定期的にメンテナンスを  行うようにしましょう!   チョーキングの簡単な確認方法    チョーキングは塗膜が劣化して粉状になり、触れるだけで簡単に取れてしまう現象です。  なので、ご自身でも簡単に確認することができます。    まず、チョーキングはご自宅の方向や場所によって発生しやすい箇所が違ってきます。    ・1階南面の日当たりが良い場所  ・2階以上の西日が良く当たる部位  ・ベランダ、バルコニー周り    上記の3か所は建物の中で特にチョーキングが起きやすい場所になっています。  ご自身で確認する場合は、注意深く確認してみましょう。  次に確認方法ですが、こちらは二通りあります。    【外壁に手で触って粉状のものが付くか確認する】   外壁に手で触れ白い粉が付けば、チョーキングが起こっている証拠です。   その場合、うっすらと白くなる程度であれば緊急性は低いですが、手のひらの   色がわからなくなるくらい真っ白になる場合は早急に塗装が必要なので、   注意しましょう   また、色が濃い外壁の塗膜の場合は、その色と同じ色の粉状のチョーキングが   発生する事があります(茶色であれば茶色のチョーキング、黒色であれば   黒のチョーキング等)。    【外壁に水をかけて変色するか確認する】   外壁に水をかけて変色すれば、チョーキングが起こっている証拠です。   また、水をかけなくても雨などでも変色するので、雨の日に確認するのも   良いでしょう。    チョーキングはご自身でも確認できますが、確認する際は粉などを吸い込まないように注意しましょう。 まとめ  今回は外壁の代表的な劣化症状の一つであるチョーキング現象(白亜化現象)に  ついてご紹介しました。  チョーキング現象は外壁の劣化の中でも初期の段階ですが、見つけた場合は一度  屋根・外壁塗装の専門店へ連絡することをおススメ致します。  軽い症状に見えても、思っていた以上に劣化が進行していたり、  チョーキング現象によって他の劣化が始まってしまう可能性があるので、  気づいた時には連絡することを心掛けましょう。    前回のブログでもお伝えしましたが、  屋根・外壁への塗装は  劣化を遅らせることはできますが、  完全に防ぐことはできません。  なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は  定期的にメンテナンスを行うことを  心がけましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【6月6日(土)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識    こんにちは!  大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です!(^^)!  現在、屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、  毎週火、木曜日は縮小営業中となっております。  上記の曜日で、屋根・外壁の塗装などについてご相談したいことがあるお客様は、  ぜひ、屋根・外壁塗装専門店イエガードにお電話ください!!  お電話お待ちしております!!    さて!  今回のまめ知識は『塗装のまめ知識ブログ5月号』でもご紹介しました、  「屋根の塗膜劣化」について簡単にご紹介いたします!  屋根は住宅の中でも特に劣化が激しい部分であり、外壁よりも雨風や紫外線に  晒されることが特に多いので、注意しなければいけません。  今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、  自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     屋根の塗膜劣化とは?    屋根の材質にもよりますが、基本、屋根は必ず塗装しなければなりません。    屋根塗装は雨の吸水を防ぐ役割があります。  しかし、塗装の効果は永久的には持たないので、定期的にメンテナンスを行わなければいけません。    塗膜の劣化は屋根や外壁にも発生する劣化ですが、外壁に比べて屋根のほうが  劣化の進行が速く、劣化具合も激しいので、  特に気を付けなければなりません。  塗膜が劣化すると、水分を吸水し、反りや割れ、剥離など様々な症状が発生します。  又、冬の凍害により破損拡大になる恐れもあります。  なので、屋根は外壁よりも耐久年数が長い塗料を塗ることが多いといわれています。  屋根と外壁を同じ耐久年数の塗料を塗ってしまうと、屋根と外壁を同時に  塗装することができなくなる可能性があります。  屋根と外壁を同時に塗装する時よりも、屋根と外壁を別々の時期に  塗装する時のほうが費用の割合が高くなってしまうので、塗装を行う際は  塗料の耐久年数を確認してみましょう!    また、屋根の形状によっては、地上からは見えづらいところで劣化が  始まってしまうこともあります。  ご自宅の屋根が気になり始めたら、まずは屋根・外壁塗装専門店に相談し状態を  見てもらうようにしましょう。  ご自分で屋根に登って確認するのは大変危険なので、  絶対にしないでください。   塗膜の劣化による様々な症状    塗膜の劣化は屋根に大きなダメージを与えてしまいます。  屋根の材質によって違う症状が出てきますが、基本的な劣化として以下の3つが挙げられます。    『色あせ』  色あせは屋根の劣化の初期段階といわれています。雨風や紫外線の影響によって  塗膜が劣化し色あせが起こります。家の見た目が悪くなるだけではなく、  防水効果がなくなってしまい、そのまま放置すると雨漏りの原因となってしまいます。    『剥がれ、ひび割れ』  ひび割れは台風や暴風が原因で起こる場合が多いですが、経年劣化で塗膜が劣化した  ことで起こる場合もあります。ひび割れは放置すると、雨漏りだけではなく、  屋根材が欠けたり落ちてしまったりするなど、重大な劣化の原因にもなってしまいます。    『チョーキング』  チョーキングは塗膜が劣化したことで起こり、触ると手に白っぽい粉が付くことがある症状です。  外壁で多く発生する劣化症状といわれていますが、屋根にも発生する場合があります。  屋根材自体があまり傷んでなくても、色あせて見えたり、昔の色と違って見えたり  した場合はチョーキングが起こっている可能性があります。   ご自宅の場所や天候によって様々な劣化が発生します。 ほとんどの劣化は家の雨漏りに繋がる原因になるので、あまり傷んでいないように 見えても、10年以上塗装していなければ屋根・外壁の塗装専門店に 相談してみましょう!   まとめ    今回は「屋根の塗膜劣化」についてご紹介しました。  塗膜の劣化は目に見えてわかる場合もありますが、基本的には見えづらい箇所で  劣化が始まっていることが多いです。  先ほどもお伝えしましだが、ご自分で屋根に登って確認するのは  大変危険なので、絶対にしないでください。    屋根のことが気になり始めましたら、屋根・外壁塗装の専門店へ相談することを  おススメ致します。  軽い症状に見えても、思っていた以上に劣化が進行していたり、  劣化具合によっては他の劣化の発生に繋がってしまったりする可能性があるので、  気づいた時にはすぐ連絡することを心掛けましょう。    前回のブログでもお伝えしましたが、  屋根・外壁への塗装は  劣化を遅らせることはできますが、  完全に防ぐことはできません。  なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は  定期的にメンテナンスを行うことを  心がけましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください! イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。     【6月9日(火)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のおはなし    こんにちは!  大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です!(^^)!  現在、屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、  毎週火、木曜日は縮小営業中となっております。  上記の曜日で、屋根・外壁の塗装などについてご相談したいことがあるお客様は、  ぜひ、屋根・外壁塗装専門店イエガードにお電話ください!!  お電話お待ちしております!!   さて! 今回は「これまでの総復習」としまして、今までにこのブログでご紹介して まいりました、まめ知識とイエガードについて振り返って行こうと思います!   このブログでは、 ①屋根・外壁塗装などのまめ知識 ②屋根・外壁塗装専門店イエガードの近況報告 などを中心にご紹介してきました。 その一区切りとしまして、それぞれの記事を簡単にまとめさせていただきました! 既にご覧になった方、まだご覧になっていない方も、今回のブログを見て これまでどんな内容だったのかを確認していただけたらと思います! どうぞよろしくお願いいたします!   これまでのブログ   これまでにこのブログは、5月25日、2日、6日の計三日、記事の更新をしてきました。 どんな記事を書いたかというと、 ・イエガードについて ・チョーキング現象(白亜化現象)について ・屋根の塗膜劣化について という内容で更新してきました。 ではそれぞれの内容について簡単に振り返っていきましょう!!   【イエガードについて】     イエガードは 『大切なイエを守る屋根・外壁塗装専門店』 というコンセプトで営業させていただいております。 私たちは「お家の耐久性を高め大切な資産を守る」というテーマを大切にし、 お客様により高品質で、後悔しない塗装工事をご提供しています。   また、塗装のご提案方法として、丁寧なご提案と細かな所までこだわった 無料の劣化診断と、お客様のご要望に合わせたカラーシュミレーションを行っています。   現在、屋根・外壁の塗装専門店は数多く存在します。 どんなお店に塗装を頼みたいか、 どのお店が信頼できるのか、 というのはお客様自身で選択できます。 そのお客様が信頼できる相手としてイエガードを選んでいただき、 このブログを通して少しでも、タカカツグループの屋根・外壁塗装専門店イエガードの ことを知っていただければ嬉しいです!   以上の内容を書かせていただきました。   【チョーキング現象(白亜化現象)について】     「チョーキング現象」とは別名、白亜化(はくあか)現象と呼ばれており、 外壁の劣化現象の中でも初期段階で出てくる症状です。 この現象は外壁の塗膜が劣化しているというサインでもあり、 経年劣化や施工不良などの理由で発生し、雨や紫外線によって 塗膜の効力が落ちてきている時に起こる現象です。 具体的な理由としては下記の場合が挙げられます。   【経年劣化】(約10年前後で発生) ・紫外線が当たりやすい場所にお家がある場合 ・海岸近く潮風などによる塩害を受けやすい場合   【施工不良】(約1~3年で発生) ・立地条件や使用条件に合わない塗料で塗装した場合 ・塗装の際、塗料をしっかり混ぜずに施工した場合   チョーキングの簡単な確認方法   まず、チョーキングはご自宅の方向や場所によって発生しやすい箇所が違ってきます。   ・1階南面の日当たりが良い場所 ・2階以上の西日が良く当たる部位 ・ベランダ、バルコニー周り   次に確認方法ですが、こちらは2通りあります。   ①外壁に手で触って粉状のものが付くか確認する ②外壁に水をかけて変色するか確認する   チョーキング現象は外壁の劣化の中でも初期の段階ですが、 見つけた場合は一度屋根・外壁塗装の専門店へ連絡することをおススメ致します。 軽い症状に見えても、思っていた以上に劣化が進行していたり、チョーキング現象に よって他の劣化が始まってしまう可能性があるので、気づいた時には連絡することを心掛けましょう。   以上の内容を書かせていただきました。   【屋根の塗膜劣化について】     塗膜の劣化は屋根や外壁にも発生する劣化ですが、外壁に比べて屋根のほうが 劣化の進行が速く、劣化具合も激しいので、 特に気を付けなければなりません。 塗膜が劣化すると、水分を吸水し、反りや割れ、剥離など様々な症状が発生します。 又、冬の凍害により破損拡大になる恐れもあります。 なので、屋根は外壁よりも耐久年数が長い塗料を塗ることが多いと いわれています。 屋根と外壁を同じ耐久年数の塗料を塗ってしまうと、屋根と外壁を同時に 塗装することができなくなる可能性があります。 屋根と外壁を同時に塗装する時よりも、屋根と外壁を別々の時期に 塗装する時のほうが費用の割合が高くなってしまうので、 塗装を行う際は 塗料の耐久年数を確認してみましょう!   塗膜の劣化による様々な症状   塗膜の劣化は屋根に大きなダメージを与えてしまいます。 屋根の材質によって違う症状が出てきますが、 基本的な劣化として以下の3つが挙げられます。   『色あせ』 色あせは屋根の劣化の初期段階といわれています。 雨風や紫外線の影響によって塗膜が劣化し色あせが起こります。 家の見た目が悪くなるだけではなく、防水効果がなくなってしまい、 そのまま放置すると雨漏りの原因となってしまいます。   『剥がれ、ひび割れ』 ひび割れは台風や暴風が原因で起こる場合が多いですが、経年劣化で塗膜が 劣化したことで起こる場合もあります。ひび割れは放置すると、 雨漏りだけではなく、屋根材が欠けたり落ちてしまったりするなど、 重大な劣化の原因にもなってしまいます。   『チョーキング』 チョーキングは塗膜が劣化したことで起こり、触ると手に白っぽい粉が付くことがある症状です。 外壁で多く発生する劣化症状といわれていますが、屋根にも発生する場合があります。 屋根材自体があまり傷んでなくても、色あせて見えたり、昔の色と違って見えたりした 場合はチョーキングが起こっている可能性があります。   塗膜の劣化は目に見えてわかる場合もありますが、 基本的には見えづらい箇所で劣化が始まっていることが多いです。 先ほどもお伝えしましだが、ご自分で屋根に登って確認するのは 大変危険なので、絶対にしないでください。   以上の内容を書かせていただきました。   おわりに   いかがでしたでしょうか? まだまだ記事は書いていませんが、一番にお伝えしたいことは 屋根・外壁への塗装は 家を長持ちさせるための重要なカギ そして イエガードは 『大切なイエを守る屋根・外壁塗装専門店』 というコンセプトのもと 「お家の耐久性を高め大切な資産を守る」 というテーマを大切にし、 お客様により高品質で、 後悔しない塗装工事をご提供しています。 ということです。 これまでのブログでもお伝えしましたが、 屋根・外壁への塗装は 劣化を遅らせることはできますが、 完全に防ぐことはできません。 なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は 定期的にメンテナンスを行うことを 心がけましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください!   イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。 2020年06月09日 更新

塗装のマメ知識

【塗装のマメ知識】5月号 『屋根の劣化症状(と、ごあいさつ)』などについて|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

【5月3日(土)更新!!】   大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   ごあいさつ こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です(‘◇’)ゞ 私は、まだまだ塗装について勉強中ではありますが、 このブログを通してご覧の皆様と一緒に、 屋根・外壁の塗装などについて学んでいこうと思います! ぜひ、温かい目で見守っていただけたら幸いです! このブログでは ①屋根・外壁塗装などのまめ知識②屋根・外壁塗装専門店イエガードの近況報告 などを中心に、更新していきます!   「屋根がボロボロになってきちゃったし、そろそろキレイにしたいなぁ・・・」 「自分で外壁とか塗ってみたいけど、どの塗料がいいんだろう・・・」   などなど、ご自分で塗り替えを考えている方は勿論、 塗装についてお考えでしたら、 ぜひこのブログを通して、ご自宅の屋根・外装塗装の見直しや、 塗り替え時期の検討をしていただければと思います! よろしくお願いいたします!   今日のまめ知識 最近、温かな天気が続いており、春らしい風も吹いていますね. コロナの影響で外出はままならないですが、 この機会だからこそ、 ご自宅の屋根・外壁の塗装を見直してはいかかでしょうか?   そこで! 今回は、住宅の中でも劣化が激しい「屋根」で発生してしまう劣化の症状に ついて簡単にご紹介いたします! 屋根は外壁に比べ、雨風や紫外線に晒されることが特に多いため、 注意しなければなりません。   まだ現場には数えるほどしか行っていませんが、 先輩や上司の方々に教えてもらったことと、自分なりに調べたことを交えて ご紹介させていただきます!   スレート屋根の劣化症状     皆様のご自宅の屋根はどんな屋根ですか? それぞれのご自宅によって、屋根の素材や形は違ってくると思います。 現在は「スレート屋根」と呼ばれる屋根が 一番多く使われていると言われています。 (イエガードの現場でも、多く見られるそうです)   今回は、様々な屋根の種類の一つである、 「スレート屋根」の劣化症状についてお話します。   この屋根は、主にセメントで作られた平たい板(スレート)が 敷き詰められた屋根のことをいいます。 屋根全体が平らでシンプルな見た目で色やデザインも豊富なので、 多くの方々に選ばれている人気の屋根となっており、 近年では一番多く使われているそうです。   このスレート屋根で、多く見られる劣化の症状は、 カビやコケなどの汚れの付着、 屋根材のヒビ割れ だと言われています。 ご自宅の屋根で、茶色い汚れのようなものがついていた場合、 カビやコケが発生している可能性が高いです! それらが発生した場合は、 塗装の防水性が切れているサインでもあります。 カビやコケの発生具合が比較的軽ければ、 高圧洗浄などできれいに洗い流し、 新たに塗装することでメンテナンスはできますが、 いたるところに、しかもたくさん発生した場合は、 屋根自体を丸々取り換えなければならなくなります。 また、この屋根でヒビ割れが発生してしまうと、 ヒビから入った雨水が建物の中で雨漏りを発生させたり、 屋根が剥がれ落ちてしまうこともあります。 どちらの症状も放置してしまうと、時間とともに 修理に必要な費用が大きく膨れ上がってしまいます。   劣化の対応策とは? そこで重要となってくるのが、『屋根の塗装』です。 屋根の塗装を行うことで、以上のような症状を緩和することができ、 発生したとしても、すぐに塗装を行えば余計な費用をかけずに済みます! しかし、塗装は劣化を遅らせることはできますが、 完全に防ぐことはできません。 だからこそ、定期的なメンテナンスが重要なのです! 屋根の塗り替え目安は築10年といわれていますが、 様々な条件によって前後する場合があります。   「築年数はそんなに経ってないけど、なんだか屋根の汚れが気になるなぁ・・・」 「屋根を塗り替えたいけど、どれだけお金が掛かるんだろう?」   という方がいましたら、ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください!イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! 当店のHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 来店予約は コチラ 皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。       【5月9日(土)更新!!】   大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識 こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です(‘ω’)ノ 先日、緊急事態宣言の延長が宣言されましたが、 屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、 徐々にショールームを開ける日が出てきました! 火、水、木曜日以外の曜日は、ショールームを開放していますので、 屋根・外壁の塗装などでご相談したいことがあるお客様は、 屋根・外壁塗装専門店イエガード にぜひお越しください!!   さて! 今回のまめ知識は、前回の「塗装のまめ知識」の最後にちょっとだけ触れた、 屋根・外壁塗装の主な効果について 屋根・外壁塗装専門店イエガードの新入社員 赤間が簡単にご紹介いたします! ご自宅のリフォーム時などに知っておくと良いことの一つが 屋根・外壁の塗装にはどんな効果があるかです。 原材料や塗料によって効果は違いますが、 屋根・外壁の塗装は、ご自宅で長く快適に住み続けるために 必要不可欠なものです。 屋根・外壁塗装のことを簡単に知っておくだけでも、 スムーズにリフォームを進めることができます!   今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、 自分なりに調べたことを交えて ご紹介させていただきます!   屋根・外壁塗装の効果とは?     皆様は、屋根・外壁の塗装がもたらす効果に どんなものがあるか、ご存知でしょうか?   前回の「塗装のまめ知識」でも軽く触れましたが、 塗装には屋根や外壁の劣化症状を遅らせる効果があります。 それらに加えて、屋根・外壁塗装には基本的な効果が主に二つあります!   ①家をきれいにする まず、屋根・外壁の塗装についてパッと思いつくのが 「家をきれいにしてくれる」こと ではないでしょうか? まさにその通りです! 屋根・外壁の塗装は塗ってからしばらく時間が経つと、 剥がれてきたり、色あせてきてしまったり するので、そのまま放置してしまうと、 家の見た目が悪くなってしまいます。 そこで! 屋根や外壁を新たに塗り直すことで、 まるで新築のような美しさを取り戻せます! さらに、定期的に塗装のメンテナンスを繰り返すことで、 家の美観を保つだけではなく、家に対する愛着が増していき、 今後も長く住み続けることができます。 まさに家の「お化粧直し」といっても過言ではありません。   ②雨風や紫外線から家を守ってくれる 家の天敵は「水分」だと言われています。 雨水などが家の中に侵入してしまうと、 家を支える大事な柱や土台などを腐らせてしまいます。 また、屋根の雨漏りは音や天井にでるシミですぐ発見できますが、 外壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか発見することができないので、 非常に見つけづらいです。 さらに、紫外線は外壁をひどく劣化させてしまいます。 特に家の南側は一年中通して、もっとも太陽の光を浴びるので 家の南側だけ劣化が激しい、というケースもあるそうです。 これらのようになってしまうと、ご自宅の寿命を大きく削ってしまい、 リフォームするときの費用も大きくなってしまいます。 そうなる前に、家を天敵から守るために必要なのが 屋根・外壁の塗装なのです! 屋根や外壁の塗装の効果は永遠に続くものではありません。 外壁にひび割れや塗装の剥がれを見つけた場合は、 すぐに屋根・外壁の塗装専門店に相談することをおススメします!   まとめ 前回のブログでもお話しましたが、 屋根・外壁への塗装は 劣化を遅らせることはできますが、 完全に防ぐことはできません。 今のご自宅でいつまでも住んでいきたい方は、 まずは屋根や外壁の塗装を見直すのも一つの手段です! なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は 定期的にメンテナンスを行うことを心がけましょう! 屋根の塗り替え目安は築10年といわれていますが、 様々な条件によって前後する場合があります。 「築年数はそんなに経ってないけど、なんだか屋根の汚れが気になるなぁ・・・」「外壁を塗り替えたいけど、どれだけお金が掛かるんだろう?」 という方がいましたら、ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください!イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。       【5月12日(火)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のまめ知識  こんにちは!  大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です!(^^)!  現在、屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、  火、水、木曜日以外の曜日は、ショールームを開放していますので、  屋根・外壁の塗装などでご相談したいことがあるお客様は、  屋根・外壁塗装専門店イエガードにぜひお越しください!!    さて!  今回は、5月3日のブログでも触れた、住宅の中でも劣化が激しい  「屋根」で発生してしまう劣化の症状の第2弾として  「金属屋根」の劣化症状について簡単にご紹介いたします!  屋根は外壁に比べ、雨風や紫外線に晒されることが特に多いため、  注意しなければなりません。  今回も、イエガードの先輩や上司の方々に教えてもらったことと、  自分なりに調べたことを交えてご紹介させていただきます!     金属屋根の劣化症状  皆様のご自宅の屋根にはどんな材質の屋根が使われているか、ご存じですか?    現在は「スレート屋根」(5/3のブログ参考)が主流となっていますが、  「金属屋根」と呼ばれる屋根も、人気の屋根の一つです。    今回は、様々な屋根の種類の一つである、  「金属屋根」の劣化症状についてお話します。    この屋根は、名前の通り金属製の板によって作られており、  様々な金属が主な材料になっています。  特徴として、薄い金属を使うため他の屋根に比べて  屋根自体を軽くでき、家への負荷を少なくします。  そのため、地震の揺れに強い耐性があるので、  それを好んで「金属屋根」を選択する人も多いようです。    また、昔から使われているのがトタンの屋根でしたが、  現在は、ガルバリウム銅板の屋根が主流になっています。  トタンに比べてガルバリウム銅板はサビにくいという特徴があるため、  ガルバリウム銅板の屋根は多くの方に使われています。  しかし、ガルバリウム銅板でも完全にサビを防ぐことはできないので注意しましょう!    この金属屋根で、多く見られる劣化の症状は、  サビ、色あせ、塗装の剥がれ  だと言われています。    ご自宅が金属屋根で、所々で色が違って見えたり、  簡単に塗装がペリペリと剥がれてしまうのを  見たことはありますか?    まさにそれらが金属屋根の劣化しているサインなのです!    金属の性質上、サビは必ず発生してしまいます。  サビを放っておくと、屋根に穴を空けてしまい、  そこから雨水が侵入し、家の雨漏りに繋がってしまいます。    色あせは塗装が弱ってきている状態です。  そのままにしておくと、屋根を保護している塗膜が取れやすくなり、  屋根がサビてしまう原因にもなってしまいます。    金属屋根の劣化症状の中で特に気を付けたいのが、  塗装の剥がれです。  これは、塗装が剥がれて屋根材が露出してしまっている状態のことを指します。  そのため、通常の劣化症状と比べてダメージが大きく、  そのままにしてしまうと、  直すのに大きな費用がかかってしまう  場合があります。  塗装の剥がれの原因としては、経年劣化によって発生する場合もあります。  しかし、築年数が数年ほどの場合、  元々塗ってあった下地材(外壁と塗料の馴染みを良くするもの)が外壁材に合わなかった、  もしくは十分に塗られていなかった、  などの施工不良による場合も挙げられます。    もし、以上のような劣化が始まったばかりで、今は劣化の具合が軽くても、  天候や場所によっては通常よりも速いスピードでサビや色あせが広がって、  場合によっては屋根に穴が空いてしまうこともあります。   劣化の対応策とは  ご自宅の屋根で以上のような劣化症状を見つけた場合は、  どの症状でも劣化の具合にかかわらず、  すぐに屋根・外壁塗装専門店へ  連絡することをおススメします!    場合にはよりますが、早めにご相談をしていただけると、  後々工事をする時よりも、費用を抑えられ、より早く屋根を直すことができます!    ですが、確認のために  屋根に上がるなどの行為は、絶対にしないでください!  劣化の状態を確認するために、屋根に上がってしまうと  屋根の一部が落ちてしまったり、屋根が抜け落ちてしまうことがあります。  最悪の場合、非常に大きなケガを負ってしまう可能性があるので、  屋根に上がるなどの行為は、絶対にしないでください!    また、  「築年数がそこまで経っていないのに、もう屋根がボロボロになってしまった!」  という悲しい出来事を未然に防ぐことも可能です!  それは、皆様自身が様々な屋根・外壁塗装専門店に相談し、見積もりなどの  比較をしていただくことです。  ご自宅を建て、屋根・外壁の塗装をする際に、様々な屋根・外壁塗装専門店を比べて、  ・異様に費用が安くないか  ・工期(工事を行う期間)が極端に短くないか  などを確認すると、皆様自身で未然に防ぐことも可能です!    ・劣化を見つけた場合はすぐに屋根・外壁塗装専門店に相談する。  ・家を建てる時、もしくは再び塗装するときも見積もりなどを   自分でしっかり確認する。    ご自宅の塗装する際は、この2点に注意しましょう!   まとめ  これまでのブログでもお伝えしましたが、  屋根・外壁への塗装は劣化を遅らせることはできますが、  完全に防ぐことはできません。  なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は  定期的にメンテナンスを行うことを  心がけましょう!    「自分の家がどんな屋根かわからない!」  「見積もりはどうやって見比べればいいの?」    という方がいましたら、ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに  お気軽にお問合せください。  御見積・診断までは無料でやらせていただいております。  ぜひ、ご相談ください!    イエガードでは、外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております!  イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、  外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。  イエガードの来店予約は  コチラ  皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。       【5月21日(木)更新!!】 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   今日のおはなし  こんにちは!  大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です!(^^)!  現在、屋根・外壁塗装専門店イエガードでは、  火、水、木曜日以外の曜日は、ショールームを開放していますので、  屋根・外壁の塗装などでご相談したいことがあるお客様は、  屋根・外壁塗装専門店イエガードにぜひお越しください!!    さて!  今回は「これまでの総復習」としまして、今までにこのブログでご紹介して  まいりました、まめ知識とイエガードについて振り返って行こうと思います!    このブログでは、  ①屋根・外壁塗装などのまめ知識  ②屋根・外壁塗装専門店イエガードの近況報告  などを中心にご紹介してきました。  その一区切りとしまして、それぞれの記事を簡単にまとめさせていただきました!  既にご覧になった方、まだご覧になっていない方も、今回のブログを見て  これまでどんな内容だったのかを確認していただけたらと思います!  どうぞよろしくお願いいたします!   これまでのブログ  これまでにこのブログは、5月3日、9日、12日の計三日、記事の更新をしてきました。  どんな記事を書いたかというと、  ・5月3日(日)・・・・・スレート屋根の劣化症状について  ・5月9日(土)・・・・・塗装の効果について  ・5月12日(火)・・・・金属屋根の劣化症状について  という内容で更新してきました。  ではそれぞれの内容について簡単に振り返っていきましょう!!   【5月3日(日)・・・・・スレート屋根の劣化症状について】        現在、一番多く使われている屋根である「スレート屋根」の劣化症状についてご紹介しました。  「スレート屋根」とは、主にセメントで作られた平たい板(スレート)が敷き詰められた  屋根のことをいいます。  屋根全体が平らでシンプルな見た目で色やデザインも豊富なので、  多くの方々に選ばれている人気の屋根となっています。  この屋根でみられる劣化症状は「カビやコケなどの汚れの付着、  屋根材のヒビ割れ」といわれています。  これは塗装の防水性が無くなっているサインでもあり、放置してしまうと最悪の場合、  屋根自体を取り換えなければならないので、費用が大きく膨れ上がってしまいます。  対策としては、定期的にメンテナンスをし、劣化がひどくなる前に  修理又は塗装をすることを心がけましょう!    以上の内容を書かせていただきました。   【5月9日(土)・・・・・塗装の効果について】      リフォームをする際に知っておくと良いことの一つである  「屋根・外壁塗装の主な効果」についてご紹介しました。  屋根・外壁塗装には基本的な効果が二つあります。  ①家をきれいにする   屋根・外壁の塗装は塗ってからしばらく時間が経つと、剥がれてきたり、  色あせてきてしまい、   それを放置してしまうと、家の見た目が悪くなってしまいます。   さらに建物の耐久年数が落ちるなど、建物自体の劣化も  早まってしまいます。   そうなる前に屋根や外壁を新たに塗り直すことで、新築のような美しさを取り戻せ、  定期的にメンテナンスを行えば、今後も長く住み続けられます。    ②雨風や紫外線から家を守ってくれる   家の天敵である「水分」が家の中に侵入してしまうと、   家を支える大事な柱や土台などを腐らせてしまいます。   さらに紫外線は屋根や外壁の劣化を早めてしまいます。   このような状況になると、ご自宅の寿命を大きく削ってしまい、   リフォームをする際の費用も大きくなってしまいます。   劣化がひどくなる前に、外壁にひび割れや塗装の剥がれを見つけた場合は、   すぐに屋根・外壁の塗装専門店に相談することをおススメします!   屋根や外壁の塗装の効果は永遠に続くものではありません。   屋根も外壁も定期的にメンテナンスを行うことを心がけましょう!    以上の内容を書かせていただきました。   【5月12日(火)・・・・金属屋根の劣化症状について】        住宅の屋根において、人気の屋根の一つでもある「金属屋根」の劣化症状についてご紹介しました。  この屋根は、名前の通り金属製の板によって作られており、薄い金属を屋根として使うため  他の屋根に比べて屋根自体を軽くでき、家への負荷を少なくできます。  そのため、地震の揺れに強い耐性があるので、それを好んで「金属屋根」を選択する人も多いようです。  この金属屋根で、多く見られる劣化の症状は「サビ、色あせ、塗装の剥がれ」  だといわれています。  サビは金属の性質上、必ず発生してしまいます。  サビは放置すると家の雨漏りに繋がってしまいます。  色あせは塗装が弱ってきているサインです。  屋根を保護している塗膜が取れやすくなり、  サビが発生する原因になってしまいます。  塗装の剥がれは特に気を付けたい劣化症状です。  経年劣化や施工不良などが原因で発生し、  天候や場所によっては通常よりも速いスピードでサビや色あせが広がって、  場合によっては屋根に穴が空いてしまうこともあります。  対策としては、定期的にメンテナンスを行い、  劣化がひどくなる前に修理又は塗装をすることを心がけましょう!  しかし、確認のために屋根に上がるなどの行為は、  絶対にしないでください。  劣化の状態を確認するために、屋根に上がってしまうと屋根の一部が落ちたり、  屋根が抜け落ちてしまうことがあります。  最悪の場合、非常に大きなケガを負ってしまう可能性があるので、  屋根に上がるなどの行為は、絶対にしないでください。    以上の内容を書かせていただきました。   おわりに  いかがでしたでしょうか?  まだまだ記事は書いていませんが、一番にお伝えしたいことは 屋根・外壁への塗装は 家を長持ちさせるための重要なカギ  ということです。  これまでのブログでもお伝えしましたが、  屋根・外壁への塗装は  劣化を遅らせることはできますが、  完全に防ぐことはできません。  なので、ご自宅の屋根・外壁塗装は  定期的にメンテナンスを行うことを  心がけましょう!   ご自宅の塗装について気になったことや、少しでも不安なことがありましたら、 ぜひ屋根・外壁塗装専門店イエガードに お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください!   イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! イエガードのHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 イエガードの来店予約は コチラ 皆様がイエガードへご来店することを、心よりお待ち申し上げております。 2020年05月21日 更新

塗装のマメ知識

STAY HOME週間 『ウッドデッキの塗装方法』&『内装ドアの塗装方法』

【5月12日更新!!】   大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   STAY HOME週間『ウッドデッキの塗装方法』                 &     『内装ドアの塗装方法』 こんにちは!! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード古川店です。 今回は「STAY HOME週間」と題しまして、 『ウッドデッキの塗装方法』と 『内装ドアの塗装方法』について、 簡単にご紹介いたします!  第1回は『ウッドデッキの塗装方法』のご紹介です! よろしくお願い致します!!       目次  1.塗装前の4つの注意事項    2.ウッドデッキの塗装に必要な道具    3.塗料の種類    4.ウッドデッキの塗装手順    最後に     1.塗装前の4つの注意事項  ウッドデッキの塗装を始める前に、注意事項が4点あります。   ①晴れの日に塗装する  塗料が乾きやすく、塗装の仕上がりや耐久性を下げないようにするために、  できるだけ天気が晴れている日にしましょう。  ウッドデッキが完全に乾燥している状態で行い、少しでも湿っている場合は、  塗装は行わないようにしましょう。   ②塗装前に塗料をしっかり攪拌(かくはん)する  塗料の効果を100%引き出し、色ムラを出ないようにするために、  塗料をしっかりと混ぜてから塗装しましょう。  塗料缶を空ける前に容器を上下に振り、ローラーなどの道具で  混ぜるとよく混ざります。   ③木目に沿って1枚ずつ塗装する  複数枚を一気に塗装すると、色ムラが出て、仕上がりが綺麗にならないため、  1枚ずつ丁寧に塗装しましょう。  木目の方向に沿ってローラーなどを動かすと、塗料の種類によりますが  きれいに木目を出すことができます。   ④塗料は少なめ、塗る回数は2~3回に分ける  一度に塗料をたくさんつけて塗装すると、乾燥しづらく塗布量にムラがでるため、  塗料は少なめに道具につけ、塗る回数を分けましょう。  余分な塗料を取り2~3回に分けて塗ると、完成後の発色が良くなり  綺麗に仕上げることができます。  2、3回目に塗装するときは前の塗装が乾いた状態で行いましょう。   以上の4点に気を付けながら、ウッドデッキの塗装を行いましょう!   2.ウッドデッキの塗装に必要な道具  ウッドデッキの塗装に必要な道具は13点ほどあります。  使う道具と場面も一緒にご紹介いたします!     3.塗料の種類  ウッドデッキの塗装で一番重要なのが塗料です。  ウッドデッキ用の塗料には種類があるので、ご自宅の状況やウッドデッキの  状態にあったものを選んでいきましょう!    ウッドデッキの塗料には「浸透タイプ」と「造膜タイプ」の2種類があります。   「浸透タイプ」  塗料と一緒に木の保護成分を木材内部に染み込ませ、内側から腐るのを防ぐ効果があります。  塗り替え後に木材がヒビ割れを起こしても内部を守ってくれるので、次に塗装するときの  下処理が楽になります。  また、仕上がりに木目が残るため木材の風合い、手触りをそのまま活かせるので、  木のナチュラルな感触が好きな方はおススメです。  しかし、効果を持続させるには定期的なメンテナンスが必要になります。   「造膜タイプ」  木材表面に塗膜を作るので木材表面の保護機能が高い塗料になっています。  膜があることで雨などから木材を守り、木材にある汚れや傷、  木目などを隠すことができます。  また、仕上がりがペンキを塗ったような見た目になるので、  シンプルな見た目が好きな方にはおススメです。  しかし、木材にヒビ割れや割れが発生した場合は水が内部に侵入してしまう恐れがあり、  その場合の処理が必要になります。   さらに、塗料には「水性塗料」と「油性塗料」があります。   「水性塗料」  主成分が水の塗料です。においが少なく、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使用できます。 「油性塗料」  主成分が油の塗料です。臭いなどがきついですが、水性塗料よりも塗料の浸透性が高いので耐久性が高いです。   様々な種類の塗料がありますが、塗りやすく、身体に負担をかけたくないのであれば 「水性塗料の浸透タイプ」をおススメします。     4.ウッドデッキの塗装手順  ウッドデッキの塗装手順は大きく分けると6つあり、天気が良ければ約3~4日で完成します。  流れは下記のようになります。   [1]ウッドデッキの洗浄(約1~2時間)    ↓ 乾燥(半日~1日) [2]下地処理(約1~2時間)    ↓ [3]養生(約1~2時間)   ↓ [4]下塗り(約1~2時間)    ↓ 乾燥(半日~1日) [5]上塗り(約1~2時間)    ↓ 乾燥(半日~1日) [6]片付け(約1~2時間)    初めて塗装をする方でもできるように、それぞれの手順について詳しくご紹介いたします。 [1]ウッドデッキの洗浄  ウッドデッキについている落ち葉や藻、カビなどの汚れを雑巾と一緒にきれいに洗い流します。  高圧洗浄機を使う場合は、強い圧で洗いすぎてしまうと木が傷んでしまう場合があるので注意しましょう。  ノズルを近づけすぎず、木材との距離が均等になるように当てていくのがポイントです。  洗浄後は、半日~1日置いてから次の[2]下地処理に進みましょう。   [2]下地処理  木材が乾燥したらサンドペーパーでやすり掛けし、下地を整えましょう。  表面に付いているカビや、前の塗膜を落とし、木材に塗料がなじみやすくなります。  サンドペーパーは、木材があまり傷んでなければ240~320番(目が細かいもの)を、  痛みが激しいときや前の塗膜があれば80~90番(目が少し荒めのもの)を使いましょう。  下地処理後にでた粉などが表面に残ったままだと、塗料が剥がれやすくなる原因になるので、  ほうきなどで丁寧に掃除しましょう。   [3]養生  下地処理が終わったら、塗料を塗りたくない場所に養生をしていきます。  ウッドデッキの基礎部分や外壁に接している部分などの広い面のところはマスカーやビニールで、  金具などの細かい部分にはマスキングテープを貼り養生しましょう。  この養生の作業は、後の仕上がりに差が出てくるので丁寧に行いましょう。  また、ブルーシートの上に塗料やハケなどの道具をおけば、下が汚れる心配が無くなります。   [4]下塗り  ①まずは塗料缶をよく振って、塗料を均等に混ぜましょう。  仕上がりに色ムラができたり、塗装の耐久性が落ちてしまうのでしっかり攪拌させましょう。  缶のそこにあてるようによく振ると、うまく混ぜることができます。    ②よく混ざったら缶オープナーなどで塗料缶を開け、使う分だけ塗料カップ又はバケツに塗料を移しましょう。    ③いよいよ塗っていきます。塗装は上から下に塗っていくと作業がしやすくなります。  また、木目に沿って塗装するとムラになりにくく、より一層仕上がりが良くなります。  手すりや柱も塗る際は先にそちらを塗りましょう。  ハケで塗装すると木材に塗料が良く染み込みますが、コテパケを使うと立ったまま  塗装ができるので楽に塗れます。  自分に合った道具で塗装をしてみてください。    下塗り後、しっかりと乾かせば完了です。   [5]上塗り  下塗りが乾燥したら、上塗りをしていきます。  塗り方や道具は下塗りの時と一緒で大丈夫です。  上塗り後も十分に乾かせば完了です。   [6]片付け  これまでの作業が終わったら後片付けをしていきます。  塗料がついたバケツやハケなどは、乾く前に水で洗い流しましょう  (油性塗料を使った場合は専用のペンキうすめ液で洗います)。  塗料が余った場合は缶の蓋をしっかりと閉め、日の当たらない場所に保管し、  できるだけ早く消費しましょう。  塗料を廃棄する場合は、少量であれば新聞紙や布などに浸透させて水に浸して処分し、  多量であれば廃棄業者の方に引き取ってもらいましょう。     最後に  今回は「ウッドデッキの塗装方法」を紹介しました。  特にこだわりがなく、塗料選びに困っているのであれば「浸透タイプ」の塗料を選ぶと安心です。  ウッドデッキは定期的にメンテナンスを行えば、長持ちさせることができます。  塗装は劣化を抑えることができますが、完全に劣化を防ぐことはできません。  ひどく劣化してしまう前に、この期間を利用して塗装に挑戦してみましょう!   イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! 当店のHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 来店予約は コチラ 皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。     【5月16日更新!!】   大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   STAY HOME週間 『内装ドアの塗装方法』   こんにちは!! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード古川店です。   前回に続き「STAY HOME週間」と題しまして、 第2回は『内装ドアの塗装方法』について簡単にご紹介いたします!   よろしくお願い致します!   目次  1.塗装前の4つの注意事項    2.内装ドアの塗装に必要な道具    3.塗料の種類    4.内装ドアの塗装手順    最後に     1.塗装前の注意事項  内装ドアの塗装を始める前に注意事項が何点かありますが、  基本的にウッドデッキの塗装時と同じことを気を付ければ大丈夫です!  しかし、一つだけ加えるなら、 「室内で塗装するときはしっかり換気しながら行う」  ことです!  閉め切った状態で行うと塗料の乾きが悪くなる、という理由もありますが、  一番問題なのが身体に害を及ぼす危険があるからです。種類にはよりますが、  塗料には身体に有害な物質が含まれているものもあります。この有害物質を吸引してしまうと、  頭痛や吐き気、めまいなどが起こり、ひどくなると呼吸困難になる場合もあります。  そのような塗料を使う場合は室内で塗装をする際は換気を徹底し、防毒マスクや  作業服などを着て、できるだけ身体に負担をかけないようにしましょう!    そのような塗料を使いたくない人であれば、換気をしなくても身体に影響の少ない塗  料もあるので、そちらを使ってみましょう!    ①晴れの日に塗装する    ②塗装前に塗料をしっかり攪拌(かくはん)する    ③木目に沿って1枚ずつ塗装する    ④塗料は少なめ、塗る回数は2~3回に分ける    ⑤室内で塗装するときはしっかり換気しながら行う    以上のことに気を付けながら、内装ドアの塗装を行いましょう!     2.内装ドアの塗装に必要な道具  内装ドアの塗装に必要な道具もウッドデッキの塗装時と同じもので大丈夫です!  あくまでも基本的な道具なので、道具を減らしたり増やしたりしても良いです!  ご自分がやり易い道具で塗装していきましょう!!     3.塗料の種類  内装ドアの塗装でも一番重要なのが塗料です。  塗料の中には屋内用の塗料があり、ウッドデッキの塗装と併用して使える種類もあります。  ご自宅の状況や内装ドアの状態にあったものを選んでいきましょう。    屋内用の塗料にも「浸透タイプ」と「造膜タイプ」の2種類に加え、  それぞれに「水性塗料」と「油性塗料」があります。  ウッドデッキ用の塗料と同じ様な塗料なので、今回は簡単にご紹介します。    「浸透タイプ」  木材に塗料と保護成分を染み込ませ、内側からの腐食、ひび割れなどから守ります。  また、仕上がりは木材の手触りが残り、木の材質をそのまま活かせます。  しかし、効果を持続させるには定期的なメンテナンスが必要になります。    「造膜タイプ」  木材表面に膜を作ることで木材を水分などから守り、傷や木目などを隠すことができます。  なので、仕上がりはペンキを塗ったような、シンプルな見た目になります。  しかし、木材にヒビ割れや割れが発生した場合は水が内部に侵入してしまう恐れがあり、  その場合の処理が必要になります。    「水性塗料」  主成分が水の塗料です。においが少なく、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使用できます。  「油性塗料」  主成分が油の塗料です。臭いなどがきついですが、水性塗料よりも塗料の浸透性が高いので耐久性が高いです。    様々な種類の塗料がありますが、塗りやすく、身体に負担をかけたくないのであれば  ウッドデッキの塗装時と同じ様な「水性塗料の浸透タイプ」をおススメします。     4.内装ドアの塗装手順  内装ドアの塗装手順も大きく分けると6つあり、約1~2時間で完成します!  流れは下記のようになります。    [1]内装ドアの掃除        ↓  [2]下地処理           ↓  [3]養生    ↓  [4]下塗り    ↓  [5]上塗り    ↓  [6]片付け    では、初めて塗装をする方でもできるように、それぞれの手順について詳しくご紹介いたします。    [1]内装ドアの掃除  ドアについている埃や脂汚れを濡らした雑巾などで拭き取りましょう。  ドアが汚れたままだと塗料が付きにくくなってしまうので、ドアを傷付けないように丁寧に行いましょう。  ドアがあまり汚れていなければ、この作業はしなくても大丈夫です。    [2]下地処理  ドアを掃除したらサンドペーパーでやすり掛けし、下地を整えましょう。  下地処理後にでた粉などが表面に残ったままだと、塗料が剥がれやすくなる原因になるので、  ほうきなどで丁寧に掃除しましょう。    [3]養生  下地処理が終わったら、塗料を塗りたくない場所に養生をしていきます。  ドア付近の床や壁の広い面にはマスカーやビニールで、  ドアノブなどの細かい部分にはマスキングテープを貼り養生しましょう。  もしくは、ドアノブを外して塗装ができれば養生するよりもドアノブが汚れずに済みます。  この養生の作業は、後の仕上がりに差が出てくるので丁寧に行いましょう。    [4]下塗り  下塗りを始める前にブルーシートの上に塗料やハケなどの道具をおけば、下が汚れる心配が無くなります。    ①まずは塗料缶をよく振って、塗料を均等に混ぜましょう。   仕上がりに色ムラができたり、塗装の耐久性が落ちてしまうのでしっかり攪拌させましょう。   缶のそこにあてるようによく振ると、うまく混ぜることができます。    ②よく混ざったら缶オープナーなどで塗料缶を開け、使う分だけ塗料カップ又はバケツに塗料を移しましょう。    ③いよいよ塗っていきます。ドアの上から下に塗っていくと作業がしやすくなります。   また、木目に沿って塗装するとムラになりにくく、より一層仕上がりが良くなります。   内装ドアはハケだけでも塗装できます。ドアの種類によって使いやすい道具がちがうので、   自分に合った道具で塗装をしてみてください。    下塗り後、しっかりと乾かせば完了です。    [5]上塗り  下塗りが乾燥したら、上塗りをしていきます。  塗り方や道具は下塗りの時と一緒で大丈夫です。    上塗り後も十分に乾かせば完了です。    [6]片付け  これまでの作業が終わったら後片付けをしていきましょう。  塗料がついたバケツやハケなどは、乾く前に水で洗い流しましょう  (油性塗料を使った場合は専用のペンキうすめ液で洗いましょう)。  塗料が余った場合は缶の蓋をしっかりと閉め、日の当たらない場所に保管し、できるだけ早く消費しましょう。  塗料を廃棄する場合は、少量であれば新聞紙や布などに浸透させて水に浸して処分し、  多量であれば廃棄業者の方に引き取ってもらいましょう。     最後に  第1回、第2回と「STAY HOME週間」と題してウッドデッキと内装ドアの  塗装方法をご紹介しました。  どちらも愛着と定期的なメンテナンスを行えばずっと長く一緒の時を過ごせます。  自粛ムードは段々と収まりつつありますが、油断はせず、  ご自宅で楽しく塗装をやってみましょう!  ありがとうございました!!   イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! 当店のHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 来店予約は コチラ 皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。 2020年05月16日 更新

STAY HOME塗装のマメ知識

【塗装のマメ知識】 チョーキング現象|大崎市 屋根・外壁塗装専門店 イエガード

大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   チョーキング現象     こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です(‘◇’)ゞ   今回は塗装をお考えの方はお聞きしたことがあるかもしれませんが、 ”チョーキング現象”についてのお話です。 チョーキング現象とは日本語で”白亜化(はくあか)現象”と言います。 Wikipediaにも掲載されております。 白亜化って、なじみのない言葉で分かりにくいですよね。 外壁や屋根などの塗装面を触って粉っぽくなっていたらチョーキング現象が起きている証拠です。     チョーキング現象が起きたら、塗膜の防水機能が低下していますので、 塗装する一つの目安としても用いられます。    なぜ粉っぽくなってしまうのでしょうか? まず塗料は顔料、樹脂、添加剤の3つの成分からできています。 塗料で果たす役割としては、 ・顔料 ・・・ 外壁などを着色する働きをしています ・樹脂 ・・・ 外壁、屋根など塗装した箇所を保護する役割を果たします ・添加剤 ・・・ 顔料、樹脂によって性能が決まりますが、                                その2つをうまく機能させ、塗りやすくしたりする働きをします。   顔料というのは、もともと塗料になる前は液体ではなく粉なのです。 粉である状態に水や樹脂を混ぜて塗料として出来上がります。 樹脂の種類(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素 など)によって、 5年や10年、20年と塗料の耐候性は変わってきます。 この顔料を保護している樹脂や添加剤が紫外線や雨、風などの影響により塗料を分解し劣化していきます。 そして、ある程度の分解・劣化が進んでしまうと、顔料がむき出しになり粉の状態に戻ってしまいます。 これがチョーキング現象の起きてしまう仕組みとなります。   このチョーキング現象を予防する塗料があります! それは、「ラジカル塗料」です。 ”ラジカル”という劣化因子がチョーキング現象を引き起こしてしまう原因…なのですが、 そのラジカルの働きを抑制してくれる塗料になっています。 もちろんイエガードでもラジカル塗料は扱っています。 耐候性の低いとされるアクリル塗料でも4、5年程度でチョーキング現象が発生しますが、 例えば、エスケー化研:プレミアムシリコンでは10年~15年程度の耐候性があります。  でも注意していただきたいことがあります。 どんなにいい塗料を使っていても、下地処理をしっかりとしないと、 早ければ2年程度チョーキング現象が起きてしまうのです…。   イエガードでは下地処理からしっかりとやらせていただき、 高品質の塗装を提供させていただきます。   まずはご自宅の外壁を触ってみて、 チョーキング現象が起きていたら塗膜の防水機能が低下していますので、 お気軽にお問合せください。 御見積・診断までは無料でやらせていただいております。 ぜひ、ご相談ください!     イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! 当店のHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 来店予約は コチラ 皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。    大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!         足場設置について     こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です(‘◇’)ゞ   今回は「足場の必要性」についてお話をします。   塗装工事を行う際には、足場を設置します。 お施主様からすると貴重な光が差し込みにくくなり、外観もよくありませんので どちらかと言えば、ない方が良いと思われるかとおもいます。 また、足場を一日も早く解体したいから早く終わらせて欲しい!という場合も少なくありません。 ですが、邪魔に思う足場も作業をする上ではなくてはならない、とても大事なものです。 そこで今回は、足場の重要性・必要性についてお伝えしたいと思います。     ◆職人の安全確保 まずは、塗装工事を施す職人さんの安全確保です。 工事において、安全面は一番に考えなくてはなりません。 万が一塗装工事中に、高所から職人が落下してしまえばもちろん工事は中断となってしまいます。 足場を設置することにより、安全に塗装工事を施すことができ、それ自体が事故防止の為の最低限の保険になります。       ◆品質管理 足場は品質管理をする上でも、非常に重要なものです。 足場をかけずに、はしごなどを使い塗装工事を行うことはできますが、届かない箇所や塗りにくい箇所が必ず出てきてしまいます。 足場があれば難なく塗れる箇所も、はしご等で行うと作業範囲も限られ、足場があれば丁寧に仕上げられる箇所も、塗りにくい・手が届かないという理由から適当に仕上げられてしまったり、どう頑張っても塗れなければ塗装を諦めるしかありません。 また、はしご等で行う塗装は非常に手間がかかりますので、2回塗りで終わらせてしまったり、高圧洗浄も十分にされないなど、ただでさえ手抜き工事が多い塗装業界なので、その確率は上がるでしょう。 工事完成後の点検等も、離れた場所からの目視確認だけで終わってしまうので見落としが増えてきます。     ◆作業効率の向上 作業効率の向上には足場を設置することが一番です。 ここでは、足場を設置せずはしご等で塗装工事を行った場合で例えてみようと思います。 まず、最初に塗る箇所にはしご等を設置し一番に上がりますが、片手には塗料缶を持っていますので、片手ではしごを登っていくことになります。 この時点で、危険性も非常に高まりますが、昇降にも時間がかかってしまいます。 そしていざ、塗装を始めるとなっても足元も安定せず、塗装を施す際は片手に缶・もう片方にローラーやハケを持ちますので、手放し状態のまま塗装を行います。 恐怖心や足場が安定しない事から、作業スピードは大幅に低下するでしょう。 それ以外にも、最初の箇所が塗り終われば、再度地上まで降り塗料を置きはしごをかけ直してから、また塗料を持ち片手ではしごを登っていかなくてはなりません。 この作業を繰り返し、住宅をぐるりと一周塗り上げるとなると、当然作業効率は倍以上低下してしまいます。     ◆お施主様・ご近隣への配慮 足場にかかるメッシュシートのおかげでトラブルの発生を防ぎます。 塗装工事は、洗浄の際のしぶき・塗料の飛散等が起こりますので飛散防止対策が必要となります。 お隣さんの車や、庭先の観葉植物・現場周辺の歩行者などに飛散してしまえば一大事です。 また、接しているお家の外壁や屋根に飛散してしまう可能性も十分に高いです。     今回は足場の重要性・必要性についてお話をさせていただきました。     よく、足場をかけないでやりますよ。という業者さんがいますが、万が一落下事故が起きてしまったら責任を取れるのでしょうか?   確かに足場代は高いです。ならばかけないで施工してほしい。それはみなさんが思うことです。   しかしリスクが大きすぎます。もし足場をかけなで塗装をお考えの方がいらっしゃいましたら、もう一度お考え直しください。             高圧洗浄について    大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です(‘◇’)ゞ   今回は「高圧洗浄について」のお話をします。   屋根・外壁塗装に伴う洗浄作業は、 塗装の仕上がりに大きな影響をもたらします。   ですが、「高圧洗浄」ってなに? 「簡単に水洗いするだけでしょ?」などと 高圧洗浄を安易に考えてしまう方や、 少し疑問に思っても深く考えない方が 少なくないかと思います。   実際にお客様の中でも、 塗装とそこまで関係のない事だと 思っている方もいらっしゃいました。 それは大きな間違いで、 全国に数多くある塗装業者のなかには、 高圧洗浄の必要性が あまり知られてない事をいいことに 中途半端な洗浄で終わらせてしまうことがあります。 そのような事を未然に防ぐためにも、 今回は塗装工事の前に 必ず行われる高圧洗浄について ご紹介させていただきます。     屋根・外壁塗装を施す前には、 古い塗膜・コケ・カビ等を落とし、 下地をまっさらな状態に戻す作業が必要性です。 それが高圧洗浄です。 新しく塗る塗料が、 下地にしっかりと付着するため、 密着性を高めるために、 絶対に欠かせない作業です。 屋根・外壁には、 目に見えない汚れ・反対に頑固な汚れが、 長い年月をかけ蓄積されていますので 長い時間を掛け、 全体的にしっかりと汚れを落としていく必要があるのです。   長年蓄積された汚れを落としたならば、 次は乾燥の工程です。 高圧洗浄後 すぐに塗装を行うことはできません。 なぜなら、完全に乾ききった状態でなければ、 後に塗膜のハガレ・膨れなどを 引き起こしてしまいます。 ですので、乾燥時間は最低でも 1日(24時間)もしくは2日以上必要です。 屋根・外壁塗装の高圧洗浄後は 十分な乾燥時間を設けましょう。   最後になりますが、 高圧洗浄の工程は基本的に1日がかりで行います。   ですが、高圧洗浄の時間が非常に短く、 2~3時間で終わってしまう・ 市販のホースでだけで洗い流す等 行っている業者さんもいらっしゃいます。 決して悪いことではありませんが、 冒頭でも言っていますとおり 長い年月をかけて蓄積されたものです。 必ず施工不良につながります。   私たちイエガードでは業務用の専用の高圧洗浄機を使用しております。     とても大事な工程「高圧洗浄」について ご理解いただけましたか? たかが洗浄と思わず、 どのくらい時間をかけているのか 聞いてみてください。     イエガードでは、 外壁塗装専門スタッフが皆様をお待ちしております! 当店のHPやチラシを見て気になったことや、 外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 来店予約は コチラ 皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。             3回塗りの大切さ   こんにちは! 大崎市の屋根・外壁塗装専門店イエガード 新入社員の赤間です(‘◇’)ゞ   今回は塗装で大事な3回塗りについてのお話しです。 屋根・外壁塗装をする場合には、 基本的に3度塗りをしなければなりません。 もちろん塗料によって違ったり、 特殊な仕上げの場合には 工程が多くなる場合があります。 とはいえ、基本は3回塗りです。 3回塗るのは基本的な事項になり、 多くの塗料メーカーが発表している 塗料の性能を最大限引き出すための塗装回数です。 3回塗りで最も耐久性が発揮されるように 設計されています。 こうして数回に分けて塗っていくことで、 ツヤがあってきれいな仕上がりになり、 より強固なお家に変身します。 ここでもう一度、 3回塗りで得られる効果をおさらいします。   ①塗料の期待耐久年数を発揮できる ②塗膜がはがれにくくなる ③防カビ、防水などの塗料がもつ効果を  十分に発揮できる   逆に3回塗りを行わなかったら、 塗料本来の耐久性や 屋根・外壁を保護する効果を発揮できず 塗膜のはがれや仕上がりの悪さなどの 施工不良につながります。 塗装というのは、美観目的だけでなく、 紫外線や雨風からのダメージを守る という目的でおこなわれます。 そこをしっかりと見極め、 適した塗料と回数を施工してくれる 優良な業者を選びましょう。     イエガードでは、 屋根・外壁塗装専門スタッフが 皆様をお待ちしております! 当店のHPやチラシを見て気になったことや、 屋根・外壁塗装に関するお悩みをお聞きします。 お見積りは コチラ 皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。               皆様こんにちは。 大崎市の屋根・外壁塗装ならお任せ! 宮城県大崎市の 屋根・外壁塗装専門店イエガード です! 宮城県県大崎市、栗原市、登米市、黒川郡、加美郡、 遠田郡を中心に屋根・外壁塗装塗装、屋根張り替え、 外壁張り替えリフォームを行っています!   2020年04月11日 更新

塗装のマメ知識